2005年07月18日

いつわ

金閣寺の近く、衣笠馬場町の交差点近く「いつわ」へ行ってきました。地図

itsuwa1

まろやかな豚骨醤油です。具材はネギ、メンマ、チャーシューと至ってオーソドックス。チャーシューは、きれいに円形にロールしたものをスライス。脂身が多くホロホロと口のなかで溶けていきます。
麺が特徴的でしょうか。京都のラーメンは低加水のものがよく使用されますが、こちらでは多加水の透明感のあるツルツルとした麺を使われています。

メニューはラーメンとチャーシューメンがそれぞれ並と大。サイドメニューとして、餃子、から揚げ、チャーハン。セットメニューが充実しています。それから、特製のチャーシューメンがあり、その名も「夢ラーメン」。写真で見ましたが、二種類のチャーシューがあしらわれており、鉢の上にてんこ盛り。チャーシュー好きはぜひお試しを。

itsuwa2昔からあるお店と思いきや、「いつわ」さんでの営業はまだ2年ほどとのこと。初代は天下一品が10年ほど前に開業されましたが、その後3回お店がかわり、「いつわ」さんは5代目にあたるそうです。場所柄立命館の学生さんが多いと思ったのですが、大将いわく、それほどではないとのこと。立命生はだいたい白梅町の方へいっちゃう人が多いとか。といっても、ラーメンも豚骨ベースでボリュームがあり、セットメニューが豊富なことを考えると、もう少し立命生のなかでの知名度が上がってもいい気がします。界隈のラーメン屋が「道」「大てつ」「三宝」「藤」「新月」であるので、それほど性格がかぶるお店もありません。これを読んだ立命の方は、ぜひ行きませう。(^^ゞ


【2005年7月18日訪問】

追記 : いつわの大将、昨年の京都三大ラーメンサイトのオフ会にもご参加されていたみたいですね。お客さんの注文の合間にも、スープを攪拌されていた姿が印象的でした。実直な方です。今日はお話、ありがとうございました。m(__)m

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/28347662