2005年07月31日

無鉄砲 京都本店

muteppo1久しぶりのオフ会開催。第14回目を数える今回は、木津の無鉄砲京都本店へ行ってきました。(第14回オフ)地図

muteppoお店の場所は京奈和自動車道の出口、木津インターから約10分ほど走ったところ。かなり辺鄙な場所になりますが、美味しいラーメンを求めて遠方からお客さんが集まります。今日は日曜日ということもあって、かなり早い時間から行列ができていたのでしょう。12時前に到着も、30分ほど並びました。


ラーメンのメニューは「とんこつ」「醤油」「Wスープ」「中華そば」の4種類。本日はこのお店を超有名店にせしめた「とんこつ」をいただきます。

いまだかつて、こんなに濃い豚骨を食べたことは無いかもしれません。とにかく作り方が尋常ではない。カウンター席に座れたので、厨房の中を見渡しましたが、大きな釜が3つあり、すべてがぐつぐつと豚骨が煮込まれています。それを長い棒で攪拌するのですが、これ普通は木でできています。まず、これが金属製。しかも棒だけでは間に合わないのでしょう。「スコップ」が出てきたときには、思わず笑いました。そう工事現場で使われている、あのサイズのスコップです。
そんなおおきなスコップで、煮込んでぼろぼろになった豚骨を釜から釜へ移し変えたり、掻き混ぜたり大忙しです。

希少な食材や、巧みな技巧を感じさせるお店が多い昨今、これほどまでに侠気に富んだお店はほかにありません。格好や見栄えに気をとられているようなラーメンではございません。写真の器もべっとりこぼれたスープがついちゃっています。京都市内に出店したら、かなりの衝撃が走ること間違いありません。奈良という出自、そして木津という農村地区の立地だからこそ、その存在がヴェールに包まれ、特異性を確保しているものと思われます。

さてラーメンの感想です。一にも二にも、まずとんこつの旨さ。あれだけぐつぐつ煮込んでいるのに、臭さがないのは、新鮮なとんこつを使っているからだとか。相当コッテリで、お店の床もヌルヌルしていますが、とんこつを使うお店固有の獣骨臭さはありません。天一に相当するかそれ以上の粘性があり、麺にからみつきながら口に運び込まれるスープは、旨みの凝縮です。写真でもわかりますが、豚骨は白いという概念を越えています。タレの色もあるでしょうが、むしろ豚骨の各部位を煮詰めちゃっているが故、赤みがかったなんともいえない色になっています。
麺は意外に若干ちぢれた麺を使われており、宮崎から取り寄せられています。これがスープを纏いながらも、小麦の風味を損なわないしっかりとしたものです。
具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔。チャーシューは不透明なスープに埋もれ、どれぐらい入っていたか定かではありませんが、かなり軟らかいイバラ肉のチャーシューがほろほろになっていました。ネギは豚骨に負けないよう、結構辛味がありました。ほんと、こってりのとんこつといっしょに口に入れたときの感覚がなんともいえません。海苔も、これだけスープが濃いと風味を損なうとか、そんな影響は感じさせませんね。
あとテーブルには無料のトッピングが並びます。紅しょうが、すりごま、にんにく醤油、激辛高菜。

ところで、店主赤迫氏、厨房に立たれておりました。「店主」というよりも「親方」って井出達。気合十分です。
「おい、氷はちゃんと入っているか? 氷の入ってへん水なんか、水ちゃうぞ!」と、お店の雰囲気はこの言葉でピシッと締まっています。従業員の接客も丁寧。
お店を出る頃には、店主の姿が見当たらなかったので、従業員に聞いてみたところ、大阪店へ発ったと。忙しいなぁ。

とにかく「凄い」ラーメンです。

【2005年7月31日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/29386003
この記事へのトラックバック
滋賀の重鎮zombie氏に誘われ、無鉄砲へ。鮮烈な印象を受けた初訪時の記事はコチラ。
無鉄砲 中華そば【京都ラーメン膝栗毛】at 2006年02月05日 19:28
この記事へのコメント
以前とメニューが違ってますね。前は」「醤油」(紀寺の店にはあった)「Wスープ」「中華そば」がなく、
「とんこつ」と秋刀魚ベースの「塩」のみでした。
確かに無鉄砲はインパクトはすごいと思います。
シンプルかつストレートですからね〜
僕はWスープのしょうゆ:とんこつ=7:3か
8:2が好きですね。
体調により、5:5もよく頼みます。
この方が、スープを飲み干せますから。
替え玉もいいですけど、スープに白ご飯がまた合うんですよ。
Posted by 旅行カウンター at 2005年08月03日 23:43
「塩」があったことは存じております。ちょっと前の話ですよね。
Wスープは今でも裏的な扱いで、食券機にはありません。
とんこつラーメンを注文して、個別にWスープを依頼するよう案内が掲げてあります。

> 替え玉もいいですけど、スープに白ご飯がまた合うんですよ。
今回は胃腸の調子が悪く、サイドメニューはたのまなかったのですが、確かにごはんに合うスープですよね。
Posted by at_you_see at 2005年08月04日 00:42
どもです
thさんのところでよく拝見していますが、ここに来るのは初めてです。
無鉄砲木津本店ですが、とんこつのほかに中華そばがメニューにあります。ただし現在は良質なマグロが手に入らないとのことで、奈良店で出していた正油ラーメン(大阪本店でも食べられます)と同じスープで麺だけはオリジナル(麺哲製)を使われているようです。夏の間には「新限定メニュー」に切り替わる予定でしたが、まだなのかも…。
Posted by わかまつ at 2005年08月20日 20:38
わかまつさま

はじめまして。ようこそお越しいただきました。
車を持ってないので、なかなか頻繁に赴けない「無鉄砲」ですが、あの美味しさはあらゆる友人(←車持ってる)をそそのかしてでも定期的には訪れたいお店ですね。

いつか「中華そば」も試してみるつもりですが、こちらの麺は庄司さんのものをお使いとのこと。「とんこつ」はそうではないのですね。奥が深いなぁ。

Posted by at_you_see at 2005年08月21日 04:09