2005年08月03日

天天有 @滋賀県南草津

tentenyuu_minakusa1一月ほどまえ、京都の老舗「天天有」が滋賀県南草津に支店を出店しました。COCON烏丸に次ぐ2店目でしょうか(伏見の工場をのぞくと)。南草津駅から立命館大学へ向かう途中というラーメン屋にとっては格好の立地にあります。地図
tentenyuu_minakusaしかも、COCONと同様のモチーフでデザインされ、背の長い椅子をあしらうなど、オサレな雰囲気(周りからちょっと浮いてる...)。

上の写真は今回食べた「角」チャーシュー・煮卵入りです。お腹が減ってたのでゴージャスにいってみました。ちなみに普通のタイプ(角)を下に掲げておきます。

新生「天天有」、COCON烏丸は「コチラ(丸)」と「コチラ(角)」をご参照ください。

さて感想ですが、ラーメンという料理の奥深さ、難しさを改めて知った気がします。素材、温度、水質、手際、バランス...etc.

天天有は今、多店舗展開に乗り出しています。チェーン展開をはじめると味が落ちる、なんてことはよくありますが、そこを「セントラルキッチン」という方法で乗り越えようとしています。つまり、工場のような拠点(天天有の場合伏見赤池にあります)でまとめてスープを作り、各店は仕上げだけに徹する。肝心のスープを同じ場所で同じように作り上げるので、基本的に同じ品質が維持できるはずです。

しかし、現実は机上のようにうまく行きません。よく言われるのは搬送中の温度変化が味の変化をもたらすと。

実際、今回食べたものもCOCON烏丸と同様「薄さ」が気になりました。スープにコクがなく、ものたりない。独特の甘さは確かに天天有のそれですが、どうもくどい甘さのように感じる。悪く言えば「インスタント」的な印象になっている。悲しい哉、テーブルにあったラーメンダレで味を調えた次第。(これはおそらく節系から抽出したイノシン産系の旨み成分ではなかろうか?)
麺が京都のものと比べ若干太めに感じた(といっても平均よりは若干細目ですが)のは、気のせいでしょうか?

一方、煮卵は黄身にじっくり味が染みていて、おいしい。
チャーシューは脂身が少なく、COCON烏丸と同様、瑞々しさが少なく、固く感じます。これもスープにもう少し粘性があれば、スープとからまって美味しく感じられる要素のひとつになりえるのですが...。メンマは量も少なく、細くて、歯ごたえも乏しく、ちょっと寂しい。

場所柄、立命館の学生が立ち寄ることを想定した出店だと思います。訪れたタイミングは、ひょっとしたら試験が終わり、学生が学校に来ていない期間だったからかもしれませんが、7時半の来店でお客は我々二人と、あとから入ってきた二人連れのみ。これで従業員(男性)三人は厳しいでしょう。

せっかく京都の一大ブランドが乗り出したわけです。立て直して、意地を見せていただきたいものです。
tentenyuu_minakusa2(こちらが普通のバージョン。ちゃんと麺が見えます)
【2005年8月3日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/29579994
この記事へのコメント
天天有のチェーン店は厳しいみたいですね。
赤池の工場がどれくらいの味で提供できているのか、
かなり気になるところです。

今度食べに行ってみますね。

PS 昔から煮卵はありましたかね?
Posted by 赤ちゃり at 2005年08月04日 01:59
今日はラーメンに誘っていただいてありがとうございました!!そしてテスト勉強の合間にこのページを見させていただきました。いろいろなラーメン屋に行ってるんですね〜!またどこかのラーメン屋に行くときはぜひぜひ誘って下さい☆★☆ Mゾ〜君も一緒に(笑)

Posted by 生協バイト K・S at 2005年08月04日 02:02
>赤ちゃりさま
赤池の工場を食べてみて、あるていど謎は解けると思います。つまり、あそこでそこそこのものが提供されているとすれば、問題はやはり長距離の輸送です。またご一緒してください。m(__)m
それから、煮卵ですが、これはCOCON烏丸でも同様でした。チャーシューを選ぶか煮卵を選ぶか。煮卵を選ぶとチャーシューの枚数が減らされてしまいます。今回はチャーシューメンに煮卵をいれてもらいました。

>K・Sさま
昨日はありがとうございました。滋賀もまだまだ食べておかなきゃいけないお店がたくさんあると実感しています。また行きませう。ご一緒ください。
Posted by at_you_see at 2005年08月04日 23:41
はじめまして、ビフと申します。

「ラーメン 【 新着100エントリー 】」
http://ramen.blogfeeds.net/
というサイトを運営しております。

ラーメンに関するサイト(主にブログ)から、RSSやAtomといったXML形式のフィードを収集し、新着順で100エントリーをリストアップしてます。(ただのラーメン情報のアンテナサイトです。)

そこで、貴サイトのフィード(エントリータイトルとサイトへのリンク、更新日時)を加えさせていただいた旨、ご連絡を兼ねてコメントさせていただきました。
(エントリーと関係ないコメントですいません。)

掲載に問題等ございましたら、お手数ですが、 info@blogfeeds.net までご連絡頂ければ幸いです。

それではよろしくお願いいたします。
Posted by ビフ at 2005年08月05日 21:16
先日、実家へと帰る前に赤池工場へと行きました。
金曜の夜にもかかわらず、シャッターが…。
お土産用に買って帰ろうかとも思ってたのに残念です。
(取り寄せしようかな〜)

PS:その後、仕方なしに一号線沿いの横綱へ。
久しぶりに食べましたが、普通に旨かったですよ。

Posted by 赤ちゃり at 2005年08月10日 16:48
> 普通に旨かったですよ
わかります。(^^)
たぶん、ぜんぜん気合を入れていたわけではないのに、ふいに美味しい一杯を感じてしまう。
「日常」にふとみつけたシアワセみたいな...。

赤池の工場は、機会をみて訪れたいですね。
Posted by at_you_see at 2005年08月11日 00:23
三度目の正直で伏見の天天有へ。今日は空いてました。
それにしても凄い店内。店名が書かれたシートをくぐると、そこは驚きの空間。
縁側にあるような長い腰掛が二つだけの店内に、
ラーメンを出すだけの小窓が一つあるだけで、テーブルなんぞありません。
誰もいなかったので、くぐった瞬間一瞬たじろぎました。
(ちなみ後から来たカップルのリアクションは面白かったです)

並とチャーシューのみのメニューから並をセレクト。
久々に食べてみて、天天有とはこんな味だったか?と疑問符が。
かなり薄かったんです。煮出す時間が少ないのか、かなり薄い。
ここから各支店へとスープが運ばれていることを思うと、
味の薄さが伝染病のように蔓延しているように思います。

ここにはラーメンダレもないので、味は云何ともしがたく、
そのまま食べるしかないので、つらいものがあります。
なんとか昔食べたようなコクに戻ってほしいっす。
Posted by 赤ちゃり at 2005年08月19日 00:25
カップルのリアクション、見たかったなぁ。
僕もそのうち一度は行ってみなきゃ。

天天有はほんと、昔は5指に入る好きなラーメンだったんで、ぜひとも復活してほしいなぁと願います。
Posted by at_you_see at 2005年08月19日 01:07