2005年08月06日

大王老麺

daiou1五条烏丸下がる「大王老麺」へ行ってきました。スタイルとしては京都のラーメンの基本に忠実です。チャーシュー、ネギ、メンマ。しかし、ここのラーメンが周辺のなかで頭一つ飛び抜けた存在なのは、その完成度の高さ故。地図
豚骨に鶏がらもあわせたスープは、ほんのり甘さを蓄えています。加えて一味の辛さも加わり、単に甘いだけでなく全体を引き締めています。麺はかなり細めの低加水。スープとの相性がとてもよく、スルスルと口に運ばれていく感覚が快感です。写真で見ると結構背脂が入っていて、しつこそうな印象を受けますが、きっとそんなことを気にせず、自然にスープを最後まで飲み干せるのでしょう。おそらくタレ自体に相当いろいろな素材が用いられており、深みのある飽きのこない味に仕上がっていると思います。

daiouこの「大王老麺」、ご存知の方も多いでしょうが、京都駅「ラーメン小路」にも出店している「宝屋」と同筋です。他のお店が「宝屋」の屋号に変わったにもかかわらず、ここは「大王」を堅持されています。正式な理由は知りませんが、やはり味にこだわってのことと想像します。個人的にはこちら「大王老麺」のほうが、奥行きのある味で好みです。

京都駅周辺にもたくさんのラーメン屋さんができました。ちょっと昔だったらたかばしの「第一旭」と「新福菜館」くらいだったのが、今はたくさんの選択肢があります。そんな中で、私個人的にはここへお邪魔することが一番多いですね。ちょっと歩きますが、午前2時頃まで営業されているのはありがたい。今回訪れたときも、カウンター席がほぼいっぱいでした。

ラーメンとは直接関係内のですが、お店の壁には「最後の晩餐」をもじった絵が掲げられています。こんな茶目っ気、結構好きなんですよ(笑

【2005年8月6日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/29804543