2005年08月06日

味千

ajisen1下鴨本通北大路西入る。「味千ラーメン」へ行きました。地図京都ではラーメン小路の「桂花」とここでしか熊本ラーメンは食べることはできません。
このお店は管理人atにとって特別なお店です。ラーメンに開眼したのは高校生のころでしたが、当時は今ほど頻繁に雑誌に取り上げられたり、TVで特集が組まれたりといった状況ではありません。友達といろいろなラーメン屋をまわって、どこが美味しい、どこそこのチャーシューはよい、などと語らっていたのですが、「熊本ラーメン」と看板が掲げられているこのラーメンと出会い、ラーメンにおける「ご当地」を意識するに至りました。「博多」や「札幌」が存在することは知っていましたが、それ以外にもたくさんの「ご当地」があることを。以来、京都を中心に様々な創意工夫や伝統を背負った大衆文化食「ラーメン」の世界に魅せられていくことになります。

熊本ラーメンの特徴は、1.豚骨スープ 2.太めの麺 3.ニンニクチップ と集約することが一般的です。
いうまでもなく九州ラーメンの特徴が豚骨ですが、博多のそれが純粋に豚骨100%であることに比べると、熊本のは野菜などのほかの具材を加えることが多く、より幅広いバリエーションをもちます。創作の可能性は博多よりも熊本の方が高いといえます。
太めの麺は、あくまでも豚骨のメッカ、博多との比較です。京都のラーメンも全国的に見れば細めですが、熊本のそれもそんなに変わらないと思います。あくまでも九州水準で考えると「太め」であり、他府県の人間から見ればそれほど太いと感じたお店は多くありません。
ニンニクチップ。この要素が一番熊本を象徴しているかもしれません。当然、熊本ラーメンでもニンニクチップを入れないお店は存在しますし、にんにくを売りにしたラーメンは熊本の専売特許ではありません。しかし熊本ラーメンのニンニクがこれほど定着しているのは、揚げて細かく砕いた状態のチップを頻繁に使用するスタイルが定着していること。ほとんどのお店で好みで足すことができるトッピングとして提供されていることにあります。そしてかなり味、匂いが強い。ニンニク好きな人にはたまりません。
あと、「きくらげ」という要素をあげておきたい。博多や宮崎で入っていることはそれほど見かけませんが、熊本のそれにはかなりの確立で具材として使用されています。シコシコとした歯ざわりと白いスープに浮かんだ黒い姿が印象的です。

さて「味千ラーメン」です。意外ですが、ご当地熊本では誰もが知るチェーン店。ラーメンがメインですが、それ以外のメニューも豊富で現地ではどちらかというと京都で言う「王将」に近く、家族で気軽に行ける中華料理系ファミレスといった風。
それに比して京都の味千はラーメン一本で勝負という専門店。お店の外観も小奇麗なラーメン専門店です。

管理人が高校生の頃からのお店ですから、結構なキャリアのお店です。かつては北大路を挟んだ北側もう少し東にお店がありましたが、数年前に移転し今の場所へ。席数が増えました。移転に伴い、いっとき味が若干変わりましたが、今は旧店の状態に戻った気がします。

熊本ラーメンとしては非常に基本的なスタイルです。本家本元が熊本の老舗ですから当然といえば当然。豚骨のスープ自体は、意外にあっさりで粘性も控えられています。濃厚な印象を受けるのは、加えられるニンニクチップやタレ「千味油」の濃厚さ故。味に奥行きをもたせます。麺は低加水のストレート。熊本から送られてくるものを使用されており、スープとの相性は抜群です。具材はチャーシュー、ネギ、もやしと煮卵、そしてきくらげ。チャーシューは比較的脂身の多いばら肉。煮卵は濃い目の味付けで美味。かなりお気に入りで昔よく「たまごラーメン」を注文しました。

メニューには骨付きアバラ肉を煮込んだ「パイクー麺」や、「高菜」「キムチ」や「味噌」など豊富。旧店にあったちゃんぽんや焼そばなどは、いまは提供されていません。これらも美味しかったです。

【2005年8月6日訪問】

p.s. ここの大将とは高校生依頼、馴染みにさせていただいております。今度の熊本行きを控えて、おすすめの熊本ラーメンを伺いに行きました。あと、このブログ開設のご挨拶に。
今、熊本では中華風春雨を用いた「太平燕(タイピーエン)」というのが流行っているそうです。ぜひ試してみようと思います。
お忙しい営業時間中に、いろいろお話くださいまして、ありがとうございました。m(__)m

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/29809128
この記事へのコメント
近くまで、来ていたのなら家に寄ったら良いのに。
味千の大将の結婚式の司会をKBSのアナウンサーが
やったのと違います。もう何年も前の話ですが。
Posted by 天神安 at 2005年08月09日 13:17
まぁ時間もなかったので...。

そのうち、またお邪魔いたします。m(__)m
Posted by at_you_see at 2005年08月11日 00:35