2004年09月05日

高岡屋

で、予定通り腹ごなしにボーリング。ちなみにスコアは127と92という凡庸な結果に終わりました...(-_-;)
ボーリングのおまけでもらったUFOキャッチャー(ゆうちゃん一発でゲット)とメダルゲームで時間を潰していたところへケンボーさん合流です。目指すは四条木屋町下ルの鴨川ラーメン「高岡屋」。
写真では澄んだ醤油ラーメンという雰囲気でしたが、実際はラードをつかってボリュームを出した味付け。場所が狭いだけに大きな寸胴を置くスペースもなく、作ってあるスープを注文ごとに鍋で温めます。結構熱かった。メンマは市販のものを用いているのではなく、なんと「筍」をシナチクっぽく調理されています。美味。麺もちぢれをあえて使用。ゆうちゃんはチャーシューの味に感銘を受けておられました。狭い店内ながら、工夫をして素材にこだわられているのがわかります。木屋町で呑んだ後、行きたくなるラーメン屋さんがまた一軒生まれましたね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/29834815
この記事へのトラックバック
四条木屋町を下ると見つかるラーメン屋。カウンターだけのこのお店に、忘年会帰りによるとなんとカレー系メニューがありました。 四人中三人がラーメンを注文する中、一人カレーチンジャオロース(520円)を注文する自分…。ちょっと寂しい気もしますが、ラーメンという炭...
初代高岡屋のカレーチンジャオロース(下京区)【京都カレー三昧記】at 2007年12月22日 23:08