2005年08月13日

呑龍 @熊本

donryu1さて2軒目は比較的市中心部にある老舗「呑龍」。地元の人には知名度が高く、黒亭などの次に挙げる人が多いです。
donryu店内に入ると獣骨の匂いがします。ただ出てきたラーメンは、それほど濃いものではありません。醤油ダレの味が意外に強い上、麺も太い。京都で一般的なものよりも太いので、まるで和歌山の豚骨醤油に近い印象を受けました。ある意味とても驚きです。揚げニンニクもマー油も入っていません。
それから、きくらげの代わりになんと「ひじき」が入ります。要するにきくらげが不可欠なのではなくて、「黒」が必要とされるのか。ネギは小ネギを細かく切ったもの。チャーシューはとても分厚くスライスされています。注文があってから、目の前で包丁で切っておられました。卵は普通のゆで卵を輪切りにしたもの。半分くらいは欲しいなぁ。

メニューには、ラーメンとワンタンメンのみ。このワンタンメンというのは、ラーメンの上にワンタンが5,6個乗るという贅沢な品。たしか900円くらいしてました。鉢からこぼれ落ちそうなくらいです。ラーメン自体もメンが太い上、量もいっぱいなので、一般的なものと比較したら1.5倍くらいの量はあるんじゃないかと見まがいます。大盛はなし。他のサイドメニューもありません。

ところで注文すると、すぐに小さじで掬った白い粉末を鉢に入れる光景を目の当たりにします。(-_-;)
化調否定派ではありませんが、こうも露骨に目の当たりにするとね...f(^_^;

あと店主(二代目かな?)の愛想があまりよくなくて...。それでも、我々が店を出る頃には列ができておりました。やはりラーメンは、うわべの取り繕いではなくて、実質がものいうのかなぁと。確かにあの量と分厚いチャーシューは他にはなかなかないものなのかも知れません。

【2005年8月13日訪問】


basashi余談
夜は下通りの居酒屋で馬刺しに舌鼓を打ちます。(^^♪

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50014422