2005年08月14日

大輪 @熊本玉名

dairin1玉名2軒目は「大輪」です。読み方は「だいりん」。JR玉名駅から西のほうへ1Km弱。国道206号沿いです。
dairin第一印象、「甘い」。
かなりの甘さです。豚骨だけでここまで甘くなるのかどうかわかりません。思い出したのが「天天有」。そう、あの甘さを思ってもらうと、如何に甘いかがご想像いただけると思います。ということは、鶏がらも入っているのか...?しばらくすると、スープの表面にゼラチン質の固まりができてきますし...。確かなことはわかりませんが。

チャーシューはバラ肉を薄くスライス。機械でカットされていました。脂身が少々多い目。ネギと海苔、きくらげと基本の具材。ここでも天琴同様、ニンニクを入れるかどうか聞いてこられます。小さい空き缶から、パラパラとニンニクチップを振り掛けてもらいます。ちなみに、「大輪」さんではお茶葉の空き缶を入れ物に使われましたな。

ニンニクチップを作られているところを、ちょうど目にすることができました。大きな中華なべで油を温め、スライスしたニンニクを放り込みます。しばらくして適当な色合いまで上がると、笊で掬って油分を取り、細かく砕く。みじん切りにしてから揚げるのではないのです。あたりまえといえばそうですが...。目の当たりにするまでは、想像もしておりませんでした。ちなみに、このニンニクを揚げたあとの油は、所謂「マー油」になります。

それから麺は「宮本製麺」という製麺所のものをお使いのようでした。調べてみると「天琴」さんでも使用されているみたいなので、ここ玉名のラーメンを裏で支える有力製麺所なんでしょうね。

「大輪」の店主は「天琴」で修行された方とどこかのサイトで拝見しました。なるほど。ちなみに、お愛想はそれほどよろしくなかったです...。はい。

【2005年8月14日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50016969