2005年08月15日

いっぷくラーメン @熊本

ippuku1熊本最終日、訪れたのは「いっぷくラーメン」。市中心部から南へ、国道266号線と57号線が交わるところにあります。

ippukuお店の雰囲気はファミリーレストラン。家族連れでとても入りやすい、明るい店内で、訪れたときもたくさんの家族連れで賑わっておりました。京都でいうと「王将」みたいな感じ。


オーソドックスな熊本ラーメンです、熊本に住む人なら誰でも親しみやすいようなスタイルです。

といってもやはり特徴的なのはニンニク。かなり濃厚なニンニクの匂いが店中に充満しています。が、やはりこれが旨い。これを欠いては熊本らしさが半減しますね。
麺は卵麺です。コストのことを考えると、激戦区で特徴を出さないと競争に勝てないような環境ならともかく、美味しい一品をとの思いで採用されたであろう卵麺。店主のこだわりが伺えます。麺の色は全く黄色ではなかったので、きれいに白身だけを抽出して使用されているのかもしれません。確かにコシがあって、喉越しの良い麺でした。

ippuku2チャーシューは、バラ肉と肩ロースを選べるようになっています。僕は脂身が少ないのが好みなので肩ロースを選択。同行の友人は気を利かせて、もう片方のバラ肉を頼んでくれました。こちらがバラ肉のほう。

また肉の種類だけでなく、麺の量(1.5人前・2人前。平日のみ)、麺の固さ、ネギ・ニンニクパウダー・生ニンニクの有無及び量をリクエストできる旨、各テーブルに掲げられています。一部のラーメン通だけでなく、一般の人も遠慮なくお好みのスタイルを申し出てね、という配慮でしょう。
お昼の混雑時には、店主自らが駐車場に出て、車の誘導に当たっておられました。国道沿いとは言え、敷地が出入りがしにくい構造になっており、車が立ち往生していましたが、ちゃんとお客さんのことを考えて、様子を見に来られるところなんか、客商売をされていて流石だなと思った次第です。

お客様商売が徹底されたお店。勝手な想像ですが、ここの店主、某有名熊本ラーメンチェーンで修行を積まれ、独立された方ではないかなぁと想像します。なんていっても、餃子が似ていて、美味しかったですから。とにかく、お店としての雰囲気が良い。今回訪れた中では一番親しみやすいお店でした。
ippuku3

(看板の「ラーメン」の字がさかさま(笑)。これは目立つための意識的なものだそうです。)


【2005年8月15日訪問】




- Special Thanks -

今回の訪問、熊本在住の旧友M氏には、3日間の滞在と車での移動にホントにお世話になりました。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。
熊本のラーメン事情については、京都で熊本ラーメンの幟を掲げる「味千 京都店」の大将にいろいろご教示賜りました。ラーメン屋さんへ行って、「美味しいラーメン屋さん教えてください」なんて失礼なお話ですが、仕事中にも関わらず、懇切丁寧に教えてくださいました。ありがとうございます。
また、ネットでの情報収集では、「熊本ラーメン博物館」さんを参考にさせていただきました。情報量もさることながら、熊本ラーメンへの温かい思いが伝わってくる良いサイトです。たいへんお世話になりました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50016994
この記事へのトラックバック
いっぷくラーメン
いっぷくラーメン@熊本市 〜期待以上〜【えんたぁてい麺と 〜美味拉麺探訪〜】at 2006年03月04日 17:57
この記事へのコメント
はじめまして、熊本ラーメン博物館を観てきました

いっぷくラーメンは、独学といっても良いかもしれません
義理のお兄さんから習ったりしたでしょうが
研究熱心で、もやはまるで違ったものになっていると思います
僕らは、ラーテンさんと呼んでいます
今度行かれたら、声を掛けてあげてください
喜ばれますよ

味千ラーメンに興味があるのでしたら
「拉麺 劉」にも行かれると良いですね
こちらは、味千ラーメンの昔のレシピを元に
作られたお店です
熊本ラーメンの特徴の揚げニンニクは
こちらの、劉さんが考案したものだそうですよ
Posted by けんちゃん at 2005年08月18日 17:47
けんちゃんさま
カキコありがとうございます。m(__)m

「拉麺 劉」は存じ上げておりませんでした。揚げニンニク考案者のお店がまだ営業されているなんて、すごいですね。熊本へはまた訪れる機会があると思いますので、ぜひ次回は訪ねてみたいと思います。

いっぷくラーメンさんは、ラーメンのオフ会にも参加されるような気さくな方みたいですね。友人の家から比較的近いということもあり、選んだお店なんですが、たまたまとはいえ、大正解だったと喜んでおります。上記では勝手な想像して申し訳ありませんでした。m(__)m
(いっぷくラーメンの大将が「ラーテンさん」なんですよね?)

帰郷して、いまいろんなサイトを見ることができましたが、やはり熊本ラーメンは奥が深いですね。玉名にもまだまだ美味しそうなお店があるみたいなので、興味が尽きません。

ありがとうございました。
Posted by at_you_see at 2005年08月19日 00:59
はじめまして。
けんちゃんと同じく博物館の掲示板から来ました。
熊本ラーメンを堪能していただけたみたいでなによりです。
ちょっと補足です。
玉名に行かれたら「千龍」にも行かれたらよいと思います。
隠れ家的なお店ですが、熊本ラーメンファンの中では評価は群を抜いてますよ(*^_^*)
私は熊本に住んでいながら玉名からはかなり遠い距離にあるので
滅多に行けず、うらやましいかぎりです。
それと、天琴と大輪の写真が撮らせてもらえたのも驚きでした。
無愛想だったでしょ(^^;)

こちらのサイトも利用されたらいいかと思います。
「熊本ラーメンファンクラブ」
http://www.evergreen-21.com/ramen/

また熊本に遊びに来られてくださいね。
Posted by せい at 2005年08月20日 23:48
せいさん、こんにちは。
ようこそおこしくださいました。

「天琴」「大輪」の写真を撮るには、そんなに困難なことなんですか!?
思いっきりデジカメ構えながら、「記念に撮っていいですか?」って聞いたら、怒られることはなかったですね。この辺り、県外旅行者の強いところなのかも知れません...。

無愛想なのは確かに...(^^ゞ
大輪にて、駐車場の場所がはじめわからなかったので、お店に入って聞いてみたのですが、「向かいと横にあるよ」とかなり「ぶっきらぼう」に言われたのには、些か引きましたが。

「熊本ラーメンファンクラブ」は帰郷してから拝見しました。すごくきれいなサイトですね。
訪問前にも一度アクセスした記憶があるのですが、あまりにもよくできているので、どこかの商業的なサイトかと早合点し、よく読んでいきませんでした。直前までなにかと忙しかったもので...。

どうもご訪問ありがとうございました。m(__)m
Posted by at_you_see at 2005年08月21日 04:30
追伸

「千龍」、次回必ず行ってみます!
Posted by at_you_see at 2005年08月21日 04:33