2005年08月19日

魁力屋

kairikiya1今日はラーメン屋をはしごです。北山白川を下がったところにある「魁力屋」へ行ってきました。地図
ラーメン屋さんでラーメンの写真を取るとき、ぼくは一応「写真を取らせてくださいね」と断りを入れます。ラーメンの写真を取るお客なんてラーオタぐらいですから、そのときのお店の反応がそれぞれで楽しい。しかし、今日の従業員の方は、今までには見たことのない応対をしてくれます。

にこやかに「はい、どうぞ!」と答えてくれた彼は、口の端にちょっと力を入れた面持ちで立て膝のまま僕の方を見つめてくれます。

...。

微妙な硬直が二人の間に流れました。えぇっと、僕が取りたいのは、こちらのラーメンのほうなので...。

なかなかお茶目な従業員さんです。


さて、この「魁力屋」ですが、今年の6月にできたお店です。白川通りに面しており、駐車場も広く、車で行かれる方には便利ですね。夜でも大きな看板に煌々と光がともっており、遠くからでもよくわかります。

定食類が充実しており、まるで「来来亭」のような威勢のよい雰囲気。

ラーメン自体は、いかにも京都でおなじみの鶏がら醤油、背脂ラーメン。具材もシンプルにメンマ、チャーシュー、ネギ。ネギはしゃきしゃきしていてなかなか新鮮。メンマはこれも市販のものかなぁ。味付けが濃すぎて僕の好みではありません。チャーシューは脂身の少ない赤身の肉を薄くスライスしたもので、結構好きなタイプ。麺は低加水の細い麺です。

全般的な印象としては、非常によくまとまったスタイルなんですが、病み付きになるほどのインパクトはありません。オーソドックスにまとめた万人受けを狙ったという線。

Taemhillstonesさんに記載がありますが、「赤鬼」「大正軒」と同じ系列だそうです。なるほど。

【2005年8月19日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50024041