2005年08月27日

はせ川

hasegawa1北大路堀川をしばらく北へ上がり、一つ目の信号東角。「はせ川」へ行ってきました。地図
メニューは炙りチャーシュー入りラーメン(630円)と塩坦々麺(680円)。大盛はそれぞれ210円ずつアップ。他に餃子やミンチごはんといったサイドメニューがあります。

塩坦々麺は数多あるラーメン屋さんの中でも、ここぐらいしかお目にかかれない珍しい一品ですが、今日はオーソドックスな普通のラーメンをいただきます。

メニューにも冠されているとおり、一番の特徴は注文があってからコンロで炙られるチャーシューです。店頭の説明書きには2年熟成の赤ワインを使用してじっくり煮込まれているとのこと。使用部位は豚バラです。ぼくのいただいたものは、若干脂身を多く感じましたが、大きく厚さもあり、コッテリとした風味はボリューム満点。流石看板に掲げるだけのことはあります。

具材はほかにメンマとネギ。ネギの量はやや多めですが、チャーシューとたっぷりの背脂でややもするとしつこくなりすぎるのにバランスがとられています。スープは鶏がら。醤油の味が濃く、塩辛さが強いもののさっぱりした感じにまとまっています。

サイドメニューにあった「ミンチごはん」も注文しました。おそらく塩坦々で使われるものをごはんに乗せたものと想像しますが、辛子味噌の辛さがよく効いており、辛党には好まれるのではないでしょうか。

お店に入ったときはお客さんはほかにおらず、ご主人はテレビの阪神巨人戦にご執心。餃子のオーダーが通らなかったり(まぁ別にいいけど)、厨房裏でタバコを吸いはじめるなど、もう少し接客に配慮があればなぁと感じはしました。

【2005年8月27日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50039854
この記事へのコメント
こんばんは鳳舞先ほど行ってきました。麺の件ですがちゃんともどっていました。よかったです。(^^)

山さんは今年は一回だけしか行ってませんが守山に移転してからも言ってますよ。特にあの葱がすきです。
Posted by マッコイ at 2005年08月28日 18:45
マッコイさん

再度のご訪問、ありがとうございます。m(__)m

鳳舞の麺、戻っていたみたいで一安心です。大昔からあの麺だったんで、おかしいなぁと思ったんですが。でも、たまたまとはいえ、期待したものが出てこなかったのは残念ですね。打ち手がそのときだけ別の人だったのか、偶然に失敗したものになっちゃったのか。料理である以上、365日いつでも同じものをというのは、どだい無理な話ですが、一定の水準は満たして欲しいと願いますね。

山さんのあの葱は特徴的ですね。辛みも効いて、ほんとスープによく合っています。
Posted by at_you_see at 2005年08月28日 23:37