2005年09月01日

とんとん来

tontonrai1約1年ぶりの再訪です。祇園、南座の真向かい。「とんとん来」へ行ってきました。地図
京都にずっと住んでいながら、繁華街にあるラーメン屋さんを知らないことがある。つまり、「繁華街=夜の街」なので、呑んでからの一杯という先入観が強く、その時間に閉店している店は、意外に範疇から洩れていたのである。
またラーメンに目覚めた高校生当時、美味しいラーメン屋さんは、近所の人しか知らないようなひっそりとした佇まいで営業している、なんて幻想をもってしまっていた。つまり繁華街にあるお店を軽視する感覚を、当時つくってしまっていたのである。

そんな機会損失と思い込みで、「とんとん来」はその存在は知っていたものの、長らく興味の対象にあがりませんでした。今じゃ、なんともったいないことを...と後悔先に立たずです。

以上、イイワケ。(^_^;)

今日食べたのは「味噌ラーメン(630円)」。前回、普通のラーメン(600円)をいただいていたので、別のものを注文。(ちなみにチャーシューメンは750円で、大盛はそれぞれ100円アップ)
また当ブログにもたびたびご登場の赤ちゃりさんから、味噌をとくに薦めていただいておりました。やっと食べにこれたよ。

味噌ダレは、札幌のそれとはかなり違い、ほんのりと甘さと風味を漂わす程度。味噌っぽくて、舌が疲れるような主張の強さはありません。好み♪

ラーメンのスタイルは、老舗の風格を漂わす雰囲気。
スープは屋号どおり豚骨。ただあのとろみと甘さは、若干の鶏がらも入っているでしょうか?
麺は一般的なものよりも細く、茹で加減も柔くなりすぎないような配慮を感じました。具材はネギ、メンマ、チャーシュー。ごまも散りばめられております。メンマはスープの味を損なわない、うっすらとした味付け。ネギは九条ネギで、心地よい辛味がまったりとしたスープを引き締めます。チャーシューは、豚バラの古風なつくりですが、じっくり煮込まれて美味しい。

この手のお店にありがちな調味料過多なところはまったくなく、くどくない甘さとまろやかさは、まさに京都人好みですね。

ほんと、相当な水準のお店でございます。立地的にお客さんに困ることはないでしょうが、入れ替わりの激しい繁華街、絶えず一定の支持を得ていないと、存続し続けることは困難でしょう。ずっと昔から暖簾を守られているのは、けして立地が良いだけではありません。

【2005年9月1日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50050680
この記事へのコメント
とんとん来はホントかなりお薦めですよ(^-^)
僕がラーメン好きになるきっかけの店。
そして、ラーメンの奥深さを教えてくれた店なんです。
たまにめちゃスープが旨い時があって、スープが生き物であることも知ったのもここでした。

最近は新店ばかり行ってしまって、かな〜りご無沙汰ですが…。

ここの味噌ラーメンは実に旨い。味噌自体かなりのレベル。良い物を使ってるのは分かりますが、たまにラーメン鉢に豆らしきものが残ってたり…。
いったいどんな味噌なんだろう〜(?_?)

それと、あっとさんも気付いたようですが、
麺は言わずともちょっと固めで出てきますよね。
大盛の時は更に固めに茹でてくれてる気がします。
その気配りが嬉しくなります。
Posted by 赤ちゃり at 2005年09月04日 16:06
うん、確かに美味しい(^^♪

味噌も美味しいけど、ぼくの好みはやっぱりオーソドックスな「豚骨」かなぁ。もう一回確認のために食べに行きませう。(^^)/

あと写真で気がついたんですが、あの青磁っぽい器も昔の京都ラーメンを彷彿として、風情がありよいですなぁ。
Posted by at_you_see at 2005年09月05日 02:25