2005年09月18日

麺屋しゃかりき つけ麺(塩)

syakariki1「麺屋 しゃかりき」、今年五月以来の訪問です。開店と同時に入店です。地図

前回は普通のラーメンをいただきましたが、次回ぜひと考えていた「煮干し」は残念ながら売り切れ。「つけ麺(塩)(750円)」をいただきます。
実は「つけ麺」を食べた経験は少ないのです。記憶に残っているところで、「匠力」くらい。ここは東京からの出店なので、ひとつ試してみようと食べたくらいです。感想としては、「なるほど、こんなものかぁ」くらいだったと思います。

で、「しゃかりき」の「つけ麺」。先に結論を述べさせてください。かなり旨い。

そもそも「つけ麺」自体、関東で流行したものだと思いますが、京都の地盤では流行らんだろうなぁぐらいにしかとらえていませんでした。この気鋭のお店の切磋琢磨によって、新しい魅力が京都に紹介されたと思います。

syakariki3まず麺。かなり太い。これほどの太さの麺を、京都のほかのお店ではまずお目にかかれません。てかてかと輝く表面、喉越しがよい。丸い断面で、歯ごたえ抜群。
麺茹での技術も相当なものとお察しします。茹で時間が長くかかるだろうが、外がふにゃふにゃして、内側には芯が残るということもなく、極めて美味しいパスタを食べているよう。パスタと違うのは、これを金属製のフォークでいただくのではなく、箸でわしわしとつまみながら、つけ汁に浸し、口に運ぶのです。快感そのもの。しかし、器に盛られた麺はまったく絡まる様子がありません。パスタだとオリーブ油かバターで絡まらないようにしますが、このつけ麺には油系のもので和えた形跡を感じません。どうなっているのだろう?
奇しくも二日前に大阪豊中の「麺哲」を訪れていますが、その最高峰の麺と比肩できるほどの麺です。小麦の素材の美味しさがほんとによく醸されている。すばらしい出来です。

syakariki2次につけ汁。ベースのスープは普通のラーメンと同じ豚骨と魚介系のWスープで、かなり濃厚です。前回この濃厚さが故に多少「引いた」感がありましたが、つけ汁にするとこの濃厚さが嫌味にならない。「しゃかりき」の特徴、良さを存分に発揮したメニューであるとつくずつ思います。ちなみに独特の酸味を感じます。
具材には、白ネギを縦に捌いたものと少量のかいわれ。チャーシューは外側を炙った、かなり柔らかい肉質。いくつかの種類の部位が混在しているように感じましたが、全体の雰囲気に圧倒されて、詳細を忘れてしまいました。すいません。
自家製の支那竹も太さ、健在です。
あと煮卵が一個まるごと入ります。中の黄身は半熟で、とろける美味しさ。このスープ単品だけ出てきても、一品として成立するくらいの完成度です。

いや、ほんと脱帽でした。家の近所にこんな凄まじいメニューを出すラーメン店があったとは。まるで灯台元暗しです。また近日中に再訪を誓った次第です。

syakariki4p.s. ちなみに前回食べた普通のラーメンは、こんな感じ。麺は京都標準の細めのものです。ぶっとい支那竹がよくわかりますね。

【2005年9月18日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50085774
この記事へのコメント
しゃかりきのご近所とは羨ましいですね。
ここはホンマ頑張ってるところなので応援したくなります。
夜遅くまでやってるのもポイントになるかな?(^^;
Posted by いっちゃん at 2005年09月19日 22:21
はじめまして。
管理人さんのラーメン好きさがよく伝わり、わかりやすいコメントに感心しつつ、いつも楽しく拝見させていただいております。
前回のリポートでは、私、個人的に一押しの『しゃかりき』へのコメントがもひとつだったので心配しておりましたが、今回、管理人さんの好印象のコメントを見て、喜ばしい限りです(^_^)
いっちゃんさんのコメント通り、ほんまにがんばってるお店なので、私も友達にいつも勧めています。ただ、臨時休業がたまに(?)あって、何回かフラれたことがあります…。でも、日々、おいしいラーメンを追究されている店主さんの心意気を感じるお店なんで、これからも通いたい一軒です。
Posted by 村人 at 2005年09月19日 23:25
いっちゃんさん、村人さん、コメントどうもありがとうございます。\(^o^)/

こうしてコメントをいただけるなんて、「しゃかりき」さんを支持する層が厚いことを物語っていますね。店主の気迫を感じるお店なので、それに共感するお客さんがたくさんいらっしゃるのも頷けます。
前回のコメントが「もひとつ」だったのも、実は僕個人的な問題で、「期待が大きすぎる」ことがあったのかもしれません。想定していた線と微妙にズレていた。あと、やっぱりラーメンは生き物です。同じお店の同じメニューであっても、やはり好調不調は厳然と存在すると思います。その辺りの事情はブログのトップページでもお断りを申し上げているので、どうかご容赦ください。m(__)m


(以下続く)
Posted by at_you_see at 2005年09月20日 02:11
あと、本文で触れている「独特の酸味」は、「しゃかりき」の「しゃかりき」たる素材、煮干に起因するものらしいですね。この風味の好き嫌いでも評価がわかれるかもしれません。僕個人は意識したことがありませんが、ひょっとすると「苦手」なほうかもしれません。でも「つけ麺」にすると、これがスーと受け入れられるようになるので、不思議です。

次回はぜひとも味噌味でいただきたいと楽しみにしています。

いっちゃんさん、村人さん、カキコありがとうございました。
こうして感想をお寄せいただけるのが、管理人妙味につきます。
また、気軽に書き込んでくださいね。(^^♪
Posted by at_you_see at 2005年09月20日 02:12
しなちくって言葉なんですけど、由来はご存じでしょうか?
中国の方に失礼なんでやめた方がいいと思います。
Posted by ぱんだ at 2005年10月13日 22:59
ぱんださま

はじめまして!
ご忠告ありがとうございます。(^o^)/

「China竹」と書いたほうがいいのかも知れませんね。

私自身には懸念されているような感覚は全くもって持っておりませんから、ご安心ください。

むしろ、ぱんださんのように、根拠もなく、この言葉の定義を決め付けているほうが危険かもしれませんね。

単純な「言葉狩り」は本質的な解決にはつながりませんし、表面的に糊塗するするだけのほうが、かえってその本質を見失わせてしまうことも多々ありますから。戦後のマスコミが陥ったドグマですな。
Posted by at_you_see at 2005年10月14日 02:01
ちなみに、カキコされるぐらいですから、ご存知だとは思いますが、支那竹の原料は主に中国原産の「麻竹」という種類の竹を茹でて干して発酵させたもので、現在はほとんどが台湾産です。

一方、メンマは戦後この支那竹を輸入していた<a href="http://www.marumatsu-mb.co.jp/index_jp.htm" target="_blank">丸松物産</a>の社長松村秋水氏が「麺に乗せる麻竹」というところから商品名化したと言われているそうです。

また、国産の干し竹の子を戻して味付け、油で炒め、色紅で色付けしたものをシナチクといって区別したという説もあるそうです。

まぁ、管理人自身、そこまで限定的に使い分けをしていたわけではありませんが...(^^ゞ
Posted by at_you_see at 2005年10月14日 02:02
言葉のもつイメージとしては、先の「メンマ」が商標に近い起源をもつように、調理済みの業務用食材を髣髴としやすく、一方「支那竹」というと、昔ながらに自家製で拘りながら作っている、という緩やかなイメージをもっていました。

ややっこしい話なので、「メンマ」で統一しようかなぁとも思いましたが、「言葉」自体がもつ豊かなイメージをみすみす無くしてしまうのも勿体無い気がするので、それなりに使い分けてみようかしら?

「支那竹」という言葉が、誇らしげな、歴史を感じさせる、奥行きのある言葉に変容してくるといいですね。
Posted by at_you_see at 2005年10月14日 02:02