2005年09月26日

ラーメン研究所

ra-ken1気合の入った屋号です。場所は京都駅八条口から西へ。大宮通の少し手前南側になります。京都駅から歩くと10分少々でしょうか。地図
しかし思い切ったネーミングのお店ですね。さしずめ、店主は研究所所長、従業員は所員、お客が研究生といったところでしょうか。

メニューが豊富です。定食のバリエーションもいろいろありますが、店内の説明書きが面白い。「化学調味料はほとんど使用しておりません」「低農薬米使用」。「無化調」「無農薬」ではないのですね...(^^ゞ
店頭に掲げる主張としては、どこか押しが弱いというか...。管理人は、この辺り「おおらか」な方なので、まったくOKなのですが、この現実的な表現の方が、意外に真面目なお店なのかなぁ、などと想像してしまいます。

ラーメン。オーソドックスなものが「しょうゆとんこつ」、ほかに「和風とんこつ」「あっさりとんこつ」(各580円)。あと、ワンタンメンと特製ラーメン(炙りチャーシュー)というのがあります。ご飯ものも「チャーハン」「豚しょうが丼」「チャーシュー丼」とあり、ラーメンとの定食でも食べられます。

まぁ、はじめての来店ですので、一番オーソドックスな「しょうゆとんこつ」をいただきます。オススメみたいですし。

ひとくち食べた印象は、京都のオーソドックスな「豚骨醤油」ラーメン。雰囲気として「横綱」を思い出しました。具材は、ネギ、メンマ、チャーシューと煮卵。メンマは他ではあまり食べたことが無い味。チャーシューはバラ肉。僕がたまたまだったかも知れませんが、ちょっと脂身が多い。煮卵は、一応味付けされていますが、外側がうっすらと褐色がかっている程度で中まで滲みておらず、ほぼ普通のゆで卵。茹で加減もご覧のとおり、普通のゆで卵。麺は、太くもなく細くもなく、非常にオーソドック。って「近藤製麺」さんの麺やったんですね。

結構な量の胡椒がふりかけられています。味を締めるための少量の使用ならともかく、胡椒をはじめとする香辛料は嗜好性が高いので、できれば控えめにしておいたほうがよいのでは?

出汁は豚骨オンリーと思いますが、醤油の味が比較的強い気がします。あ、いま気がつきましたが、「豚骨醤油」ではなく「しょうゆとんこつ」なのですね...(-_-;)

食べ進んでいくとちょっと単調さを感じます。いま一つ、なにかが足りないのかなぁ...などと考えながら食べ終えますが、ふと目をやるとテーブルには「にんにく」「にんにくとうがらし」「ごま」などの薬味が据えられています。

なるほど、これらの薬味を調合しつつ、自分好みのラーメンをつくってね、の意なのかも。

「ラーメン研究所」。やはり、われわれは研究生だったわけございます。

【2005年9月26日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50102373
この記事へのトラックバック
【我聞】 俳優河合我聞がひょんな事からラーメン屋を開業させたのは今年の4月のこと。「ちょうどドラマがとんじゃってヒマで」と受けたラーメンプロデュースがきっかけ。ラーメン通ではなかったが、元々料理は得意で「やるからには出来るようになりたい」と友人の店で修業...
河合我聞のラーメン屋絶好調!【イタバの小話】at 2005年09月27日 19:27
この記事へのコメント
ラー研にいかれましたか。
お昼のセットがなかなかお得な気がして、以前はよくいきましたが最近ご無沙汰。

胡椒が気になったようですね。
僕が食べたときは気になりませんでした。
僕はラーメンに胡椒を入れない人なので、最初から入ってくるお店にはあまり足を運ばないんですが…。

研究所だけに、研究の結果なのかもしれませんね。
Posted by 赤ちゃり at 2005年10月05日 23:04
ぼくも研究に励まなくっちゃ。

赤ちゃりさんも研究対象が多くて、たいへんですなぁ。
Posted by at_you_see at 2005年10月06日 01:23
本日お昼に行きました。
豚しょうが丼と和風とんこつとのセットで注文。
和風とんこつはあっさりしたWスープといったところです。
なかなか美味しくて、一気に食べてしまいました。
おなかが減っていたのもありますけどね。

ところで、ここは近藤製麺なんでしょうか?
食べた感じは中金製麺に近い感じなんですが…どうなんでしょう?もしかして、研究過程で麺を変更したのかも?
確かめる意味でも再訪してみてくださいね。

ちなみに豚しょうが丼も美味しかったです。
Posted by 赤ちゃり at 2005年11月10日 00:24