2005年10月02日

福三 極海老ラーメン

fukusan1福三へ行ってきました。ラーメン好きのなかでは話題騒然の「極海老ラーメン」をいただきました。地図
まず店内に入って驚きます。海老の匂いが充満。海老は好きなほうのぼくですが、あまりにも篭った匂いに、多少のけぞるくらいでした。

新メニューです。京都ラーメンに造詣の深いサイトや掲示板でも話題伯仲。写真で見てもおわかりのとおり、かなり「赤い」ので、ちょっと辛めの味付けであると想像していましたが、意外に辛さは控えめで、スープはしっかり豚骨からとられていることがわかります。思わず「なるほど」とつぶやいてしまいました。

タレにふんだんに海老が使われているそうです。その数、いっぱいあたり約30尾(!)。しかも甘海老です。それに留まらず、ワンタンが一杯に付き3つ入っていますが、これにも「ブラックタイガー」を使用とのこと。これで、たったの700円。ほんまかいな、と疑ってしまいます。良心的に過ぎるというか...(^^ゞ

異色のラーメンですが、ベースのとんこつがしっかりしていることは、逆に好感というか、安心感があります。麺は太めのちぢれ。確かに細めの麺ではないですね。このスープに合うのは。具材はネギとタマネギも入っていたと思います。チャーシューは入らずワンタンです。メンマは相対的に薄味に感じましたが、まったりとした表面の感触が舌の上で心地よい。

ただ、厳しいようですが、ラーメンそのものの感想としては、僕自身はあまり明確に絶賛はできません。他のサイトで高く評価されている方が多いので、多少気が引けるのですが、めちゃくちゃイケてる一杯というほどではない。「海老」を前面に押し出そうとするあまり、逆にその海老に振り回されているという感があります。
(単に僕の体調や精神状態のせいということも十分あります)

訪れたのが午後8時。一日20食ですから、おそらく最後のほうだったのでしょう。時間経過という要素もあるので、ラーメンとの相性を考えると、極めて難しい素材なのかもしれません。

fukusanお店には「掲示板」と書かれた案内があり、この極海老ラーメンに使われている材料がつらつらと記されておりました。こだわった一品の内容をぜひともたくさんの人に知ってもらいたいという店主の気持ちが伝わってきますね。

その店主の果敢な創造性が高く評価されているのが「福三」です。これからも、あっと驚くいろんなラーメンを食べさせてくださいね。ご期待申し上げます。

p.s. 来店時、あの「さば寿司」はもう売り切れていました。残念...。(-_-;)

地図 お店HP

【2005年10月2日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50113853
この記事へのトラックバック
ついにありつけた限定「鯛出汁そば」(650円)。一日20食の限定です。 発売と同時にテレビで取り上げられたため、連日すごい人が押し寄せているとしばらく様子を見ておりました。ゴールデンウィークが明けた頃にでも行こうと考えていましたが、その時期から仕事が忙しくなっ...
福三 新味鯛出汁そば【京都ラーメン膝栗毛】at 2006年06月19日 05:04
この記事へのコメント
極海老ラーメン食べられたんですね〜。いいなぁ…
個人的には、あまり海老は好きではない方なんですが、ラーメンサイトでの評判や、以前食べた鶏そばの旨さから想像するに、きっと美味しい物を提供していただけそうな気がします。早々に食べにいかなければ!
でも、鯖寿司は食べられなかったんですよね。それは、残念です。めちゃくちゃ旨いですよ!!
Posted by 村人 at 2005年10月03日 18:26
この記事とは関係ないですが、
http://www001.upp.so-net.ne.jp/k-ramen/add17.htm#ryouma

閉店でなく移転だったみたい。
後悔する前にお試しあれ。
Posted by CO2 at 2005年10月04日 19:02
どもです
福三は濃厚鶏そば(塩)を夏に食べに行って以来ですねぇ。
極海老ラーメンは興味は引くのですが、今のところ未食っす。
そういえば、しゃかりきの次の限定ラーメンも実は
海老系らしい。ひそかに海老ブーム???
Posted by わかまつ at 2005年10月05日 00:29
村人さま
こんにちは!
極海老ラーメン、独特の一杯でした。各サイトの大絶賛ほどの感動がなかったことを正直に書いたのですが、たまたま僕の体調と、あと期待が必要以上に大きかったせいかも知れません。会う人会う人に「今度「極海老」食べに行くねん」なんて言いふらしていたくらいですから。(^^ゞ

鯖寿司は逸品ですよね。
過去に、出来栄えに満足できないことがあり、それを買ってしまった常連客の家に作り直したものを大将自ら持っていった、なんて逸話も聞いたことがあります。凄まじい拘りですよね。

また食べに行こっと。(^^♪
Posted by at_you_see at 2005年10月05日 02:28
CO2さま

情報ありがとうございます。m(__)m

武内さんのサイトは常にチェックしております。龍馬の再オープンも各掲示板で拝見していました。なんでも、排水溝の施工のミスがあり、オープン予定がずれ込んだみたいですね。

残念ながら、まだ未食なんです。
オープン当日に赴き、誰よりも早くレビューを書く、というのも醍醐味ですが、しばらく経って味が落ち着いたと思しきタイミングを見計らって伺うほうが、実質「得」かなぁなんて思ったりもします。

実は、まだ「ラーメン食道 宝」さんや「ガッツン」さんも未食なんですね。そろそろ行かねば...。
Posted by at_you_see at 2005年10月05日 02:33
わかまつさま

どもです!

実は、「福三鶏こってり」未食なのです。
こんなブログをやっていながら恥ずかしい限りですが、案外重要店やチェックしておかないといけない限定品を食べ逃しています。

そのなかでも「鶏こってり」を食べ逃しているのは、最大の不覚。地団太を踏んでおります。(>_<)
復活させてくれはらへんかなぁ。

「しゃかりき」さんでも、「海老」の新作が発表予定ですか!ムムム、まだ「しゃかりき」さんの全貌を見ていないというのに...。気が焦るなぁ。

でも、うれしいけど。(^^♪
Posted by at_you_see at 2005年10月05日 02:50
はじめまして,ひびと申します。
「京都ラーメンマップ」のリンクからやってまいりました。

福三の『極海老ラーメン』は店主の福田さん自身が
「このラーメンは賛否両論があって当然でしょうね(笑)」
とおっしゃっています。

単にエビ風味のラーメンでは面白くないので,とにかく「これでもかっ!」と
海老を全面に押し出した“極”にこだわられました。

『極海老ラーメン』に抵抗を感じられた方は是非とも基本の『福三ラーメン』を
食べてみてください。こちらの味も日夜研究されておられます。

『濃厚鶏そば』を終了されたと同時に『福三ラーメン』の鶏の風味がさらに
パワーアップしています。無化調なのにとても味わい深いです。
Posted by ひび at 2005年10月05日 12:42
ひびさま

はじめまして、ようこそです。\(^o^)/
京都CFなどでのご活躍、拝見いたしております。m(__)m

「極」故の確信犯。興味深いお話です。
こんな拘りもまた、フリークを虜にする所以。
いかにも「玄人」な一杯ですね。

基本形「福三ラーメン」、当然いただいております。
でも、あの「鶏そば」製作の経験を経て、更なる進化を基本のラーメンに
投影されているとは、感服いたします。

パワーアップしている「福三ラーメン」、ぜひ再訪し食したいと思います。

ご来訪、どうもありがとうございました。(^^♪
Posted by at_you_see at 2005年10月06日 01:11