2005年10月10日

麺屋 七福神

shichifukujin1「麺屋 七福神」を訪れました。今年の4月にできたばかりですから、まだまだ新しいお店ですね。場所は四条大宮少し西へ行ったところです。地図

ご覧の通り、一味唐辛子がいっぱい振りかけられています。でも、意外に辛さが前面に出ているかというとそうではなく、心地よい辛さでぜんぜん気になりません。スープは豚骨がベースですが、比較的さらっとしています。一方、醤油ダレの味は結構しっかりしており、三者三様のバランスが取れています。

写真は煮卵入りです(680円・普通のラーメンは580円)。ほんのりとタレが滲みこみ美味。黄身の固まりぐらいも、ドロっと出てくること無く、ほどよく柔らかく絶妙の塩梅。

麺は細目のストレートで、加水率が低く、スープをうまく含みながら口に運ばれると感じました。チャーシューがなかなかのもの。1枚ですが、大きく肉厚もあり、普通のお店換算なら十分3枚ぐらいの分量に感じます。あと海苔も入ります。

shichifukujin2今日は遅い晩御飯ということもあり、サイドメニューの「チャーシュー丼」をいただきました。実は、これがなかなかの当たり。
チャーシューはラーメンに入るものと同じで、柔らかいバラ肉が出汁を吸っていて、ほんとに美味しい。さらに、ネギや海苔がたくさん盛られ、肉のジューシーさとネギの瑞々しさが相まって、口の中に入れて噛み締めるごとになんともいえない満足感が広がります。夢中で頬張ってしまいましたね。

かつて、どこかの掲示板で「美味しいチャーシュー丼は?」というスレに、「たかばし」と「匠力」を食べたことがあるとカキコしたことがありましたが、間違いなく、ここ「七福神」のチャーシュー丼がオススメできるものとなりました。一度お試しください。

ラーメンの話に戻りますが、あの柔らかくて大きなチャーシューと、海苔、一味という組み合わせで、「杉千代」を彷彿とすることは間違いありません。交通の便の良い「杉千代」といってもよいかも知れません。(^^ゞ
でもスープ自体はちょっと違う気がしますよね。もっと醤油が強いというか、粘性が低いというか。で、思い出したのが「丸ぎゅ」。いかがでしょう?
(「丸ぎゅ」も一回しか食べていないので、めちゃくちゃ自信があるわけではありませんが)

量がちょっと少ないかな?
たまたま僕がお腹減っていて、あっという間に平らげてしまったからかも知れません。チャーシュー丼と合わせて、調度良い量でしたから。
あと、メニューには九条ネギをふんだんに使用した坦々麺があります(850円)。お店の方がオススメされていたくらいですから、これもいつかは食べてみる価値がありそうですね。

【2005年10月10日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50129530
この記事へのトラックバック
【中華そば 櫻坂】 俺流ランク 裂裂裂 (※写真:中華そば) 中華そばと聞くと、昔ながらの醤油ラーメン。と言うイメージがある。が、ここの中華そばは豚骨メイン+魚系の濃厚醤油。さらにクセのある豚骨スープに打ち勝つ為に粉末上にした....
魚粉で“ギョフン”と言わされた!【イタバの小話】at 2005年10月11日 13:47
この記事へのコメント
ご指摘通り「杉千代」をイメージされてますよ。
醤油がグイグイとくるラーメンを作りたかったそうです。
Posted by 石田 at 2005年10月13日 23:19
石田さま。
お久しぶりっす!

なるほど〜。醤油の強い「杉千代」は見事狙った線だったわけですね。久しぶりに「杉千代」にも食べに行こうかなぁ。このブログでも、まだ未出なんで。

九州はいかがでしたか?
ぼくは仕事でご同行できなかったのが、ほんと残念なんですが、またお話聞かせてくださいね♪
Posted by at_you_see at 2005年10月14日 02:15