2005年10月13日

らーめん ひよこ

hiyoko1京阪中書島降りてすぐ。「らーめん ひよこ」へ行ってきました。地図
竹田街道をまっすぐ南へ行くとたどり着きます。近くにはコインパークもたくさんあるので、車で行っても困らないでしょう。
「鶏こってり」のラーメンです。「天一」や「天天有」など、鶏ガラをベースにこってり仕上げた甘めのスープは京都を代表するスタイルのひとつだと思います。でも具体的なお店となると、いかにも「鶏」を前面に出しているお店をたくさん思い浮かぶことができません。そういう意味で、貴重なお店では、と期待に胸を膨らませながら訪れました。

一にも二にも、まずスープの美味しさ。豚骨とのブレンドですが、鶏がらのほうの割合がかなり多く、予想していた通り、鶏独特のコッテリ感と甘味に包まれています。スープの色が他の鶏ベースのお店と比べるとかなり褐色の度合いが強いですが、しっかりとした醤油ダレを使われています。でも、その醤油の味にも負けないくらいの、鶏の出汁。胴ガラやモミジを相当な時間をかけて煮出されています。野菜もふんだんに使われているみたいですね。

麺は細め。加水率は高めで、伸びにくい麺です。反対に、このこってりとしたスープの吸収具合は押さえられ気味といえるかもしれません。九条ネギの切り方がいいですね。かなり大きめにざくっと切られたものが乗りますが、青々とした固まりが茶色のスープに浮かび映えます。食欲が掻き立てられました。メンマは唐辛子で味付けられています。チャーシューはバラ肉ですが、脂身は比較的少なく、赤身の部分は鶏のスープを纏い、美味しくいただくことができました。

餃子定食(780円)でいただいたのですが、餃子のタネも大きく、ごはんもおかわりOKとのこと。うれしいサービスです。

hiyoko2開店当時の若い方はお店の営業から退き、その方のアドバイサー的にお店の立ち上げに関わった年配の方がお店を引き継いでおられます。以前よりも、より時間をかけてスープをとって、数段美味しくなっているとのこと(店主談)。開店が今年の4月ですから、当時しか食べられていない方は、もう一度試しに行かれてはいかがでしょう?
近所の方は、必食ですね。

お店のマスコット。かわいいです。でも、どうして君は泣いてるの?(→)

【2005年10月13日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50140167
この記事へのコメント
「ひよこ」の由来。
屋号を決める時に「どうしよっかなぁ〜」と考えられていた時、テーブルに「ひよこ饅頭」があったので、「ひよこ」にしよっか、と決断されました。
今となってはいい思い出話です。

オープン当時と醤油ダレが根本から変わってますので、味もだいぶ変化していると思います。
Posted by 石田 at 2005年10月24日 23:03
石田様

どもです。レスが遅くなってすみませんでした。(^^ゞ

テーブルの上に「ひよこ」があったから...とは、なんとも行き当たりばったりの命名ですね。
でも、美味しければいいか。(^^♪

スープだけでなく、タレの方も進化しているんですね。
鶏ベースであの粘性のスープは、そうそう見受けられないので、近くへ行ったときには、また寄りたいお店です。
Posted by at_you_see at 2005年10月28日 02:37
店長も言ってましたが、前よりスープおいしくなりました。通いたくなる味です。
今の店長は昔に"きんちゃんらーめん"なるネットワークを作った創業者らしいですよ。今は数店しか残っていないそうですが。
暇な時は店長のちょっと異色の人生談に耳を傾けるのもおもしろいかも。
Posted by 金太 at 2005年10月31日 13:44
金太さま

こんにちは。(^^)/
僕も「金ちゃん」のお話は伺いました。「ひよこ」の前店主のことも。(^^ゞ
すべてをブログで公表できるわけではありませんが、石田さんもご指摘の通り、今の大将にかわり味が改善されているみたいです。
また面白いお店の登場ですね。
Posted by at_you_see at 2005年11月03日 14:55