2005年10月15日

名人

meijin1河原町高辻下がる東側、「名人」へ行ってきました。地図
meijin2京都のラーメンをいくつか食べ歩いた人はすぐ気がつくはずです。そうあの京都の有数ラーメンチェーン「横綱」とおんなじラーメンです。メニューもそっくりそのまま。ネギが金笊に盛られて入れ放題になっているのも同じ。

それもそのはず、大将自身が「横綱」で修行された方なのです。ただチェーン店からの独立だったとしても、屋号がかわって「名人」と名乗られているわけです。単なるFCではなく、れっきとした独立なのでは、と感じます。直接そこまでお聞きしたわけではないので、想像の域を出ませんが...(^^ゞ

ラーメン自体も、「横綱」から配送を受けるなどして、同じ材料を用いられると思われますが、こちらのお店ならではの拘りを感じました。スープを最後まで飲み干すと、底に豚骨を長時間煮込んだときに出る骨髄の粉末が沈殿しています。よって、スープは濃厚。調味料の類も控えめで、全体的に締まった印象を受けました。

チャーシューは赤身が多く、とろみのあるスープを吸って美味しい。鉢にスレスレまで注がれるスープは、相応にこってりさを保ちながら、いわゆる「エグサ」は皆無で、飲み干すのも苦ではありません。メンマは標準的な感じ。

しかし、前に「横綱」を食べたのは、かれこれ5,6年前。これだけの歳月を経ているのに、一目一口でそれとわかる「横綱」のラーメンというのは、「天一」や「天天有」と比肩するほど、独自の個性をもっているラーメンなんだと、あらためて思った次第です。結構好きなラーメンですね。(^^♪

【2005年10月15日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50146512
この記事へのコメント
名人の名前は知っていたものの、まだ未食なんですよね。
最近横綱にいったので、横綱と比較する意味でも、
行ってみようかと思います。

それにしても京都のラーメンはまだまだ食べつくせませんね。これからも食べまくらねば。
Posted by 赤ちゃり at 2005年10月21日 13:58
赤チャリさま

ぜひ感想を聞かせてください。なにせ5,6年ぶりですから、当然記憶に自信がもてません。よろしくお願いします。

しかし、ほんと食べつくすなんて、途方も無い作業だなぁとつくづく実感する今日この頃でございます。
Posted by at_you_see at 2005年10月21日 23:01