2005年10月27日

支那そば たから家

takaraya2-1京都駅アバンティから西側の烏丸通りを隔ててすぐ。「たから家」さんへ行ってきました。地図
まず驚いたのがお客さんの多さ。訪れた時間は9時過ぎでしたが、お店に入ってカウンターに座り、眺めている間、優に20杯は出て行ったのではないでしょうか。となりに併設された焼き肉屋さんからもオーダーが入り、何杯ものラーメンがぼくの目の前を通り過ぎていきます。

スープは豚骨ベースですが、あえて薄い。ちょっと「しゃばしゃば」な感じ。以前にも食べたことがありますが、よりその傾向は増したように感じます。一方、魚出汁を用いるWスープなのですが、こちらのほうもこてこてに煮出したものではありません。しょうゆダレも薄口。どちらかというと「うどん」のそれのようなライトな感じです。で、それなりにバランスが取れているんですね。

takaraya2-0場所柄呑んだ後の一杯、という位置づけのラーメンという気がします。ならば、コッテリとしたものより、こんなあっさりとした雰囲気のほうが好まれるかも知れません。だからこんなにたくさんのお客さんが訪れているのです。

写真はねぎ多い目。すごいボリュームです。スープの濃度が薄い分、ネギが勝っちゃった感があります。普通の量でもよいかも。
具材は、チャーシューと海苔、メンマ。チャーシューは薄くスライスされていますが、赤身が多く、好きなタイプかも。

ところで「大王老麺」の「宝屋」さんとは、まったく関係ないみたいです。

ちなみに右の写真がお店の前にでんと陣取るマスコット。一体増えているようなのは気のせい?閻魔「大王」と見まがうのですが...。でも、やっぱり関係「宝屋」さんとはないのよね?

【2005年10月27日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50168666