2005年10月29日

串BAR遊

kushi-bar-yuu1御池室町を北へしばらく行くと、白い暖簾を下げたお店さんが目に入ってきます。「串BAR遊」。串専門店ながら、実は知る人ぞ知る、美味しいラーメンが食べられるお店なのです。地図
異業種ながら、本格的なラーメンです。スープは豚骨ベースで、まったりとした舌触り。しょうゆダレは控えめですが、かわりに独特の甘さを湛えています。というのも、隠し味に「白味噌」を使用とのこと。なるほどなぁ。京都のラーメンであることをアピールするのに、「白味噌」を標榜するお店がありますが、あえて能書きにも書かないこのお店は、奥ゆかしさを感じ、好感が持てますね。

チャーシューは、柔らかく煮込まれ、ほぼ角煮状態。これまたほんのり上質な甘さを漂わせています。なんと「黒糖」を使われているとのこと。凄い。ちなみに、お店で出されている角煮も、同じ出汁で煮込まれているそうです。これも、次回食べてみたいな♪

麺はおそらく中金製麺。あえて伺ったところ、やはりそうでした。加水が低めの細麺で、ぷっつり切れる歯ごたえが慣れ親しんだ味。あと海苔ともやし、卵、支那竹が入ります。もやしはシャキシャキの緑豆もやし、一個まるごとの半熟たまごはとろりと黄身が流れ出します。支那竹も自家製。二日かけて煮出されるそうですが、そのわりには京都人好みな薄味に仕上がっており、料理人としてのこのお店の実力が伺い知れます。器も洒落てますね。

kushi-bar-yuu2串も創作的なものが多く、京都ならではの素材が随所にみられ、とても楽しませてくれます。しかもお値段もリーズナブル。串かつ食べ放題がなんと2,500円。そしてビール1杯と5串のセットが980円。今回はこちらもいただきました。こんなところにもあるんですね。隠れた名店。近くでお仕事されている方や、この界隈に足を向けられる方には、ぜひ一度訪れることをおすすめしますよ。

【2005年10月29日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50168727
この記事へのトラックバック
【梵天】 俺的ランク:裂裂裂.5 (※写真:黒梵天) 以前和歌山ラーメンの名店まっちぼうのプロデュースした店“梵天”に足を運び、そこにある黒梵天なるメニューに目を惹いていた。ので改めて梵天へ足を運び、黒梵天食ってまいりました!...
食ってまいりました黒梵天!【イタバの小話】at 2005年11月01日 01:24