2005年11月03日

ガッツン

gattsun1久しぶりの「連食」です。(^^ゞ
直前に訪れた「漸」さんがとてもあっさりとしたものでしたので、自然に足が次のお店に向かいます。四条通を七本松から西へ。JRの高架を越えるとそこにあるのは「ガッツン」です。地図
うってかわって、これはまた極端なスタイルの違いです。

まずお店の井出達。「立ち食い」のラーメン屋さん。京都にラーメン屋さん数多あれど、「立ち食い」はここだけなのではないでしょうか?

さらには、ラーメンのスタイル。屋号どおり「がっつん」ときます。
名は体をあらわす。まったく「破天荒」なお店でございます。

ラーメンは「こってり」と「あっさり」の2種類。もちろん「こってり」(630円)をいただきます。

豚骨を極限まで煮出したスープはそれだけでも相当な迫力。加えて和風出汁も豚骨に負けないくらい相当に濃厚。これらがひとつの鉢の中で同居しているだけでも奇跡的な気すらします。だからといって、むせ返るほどかというとそうではなく、実際最後まで飲み干しました。間違いなく濃厚すぎるくらいの代物なのですが、きっと相当新鮮な骨を使われてのことでしょう。故に獣骨独特の臭みが押さえられ、完成度の高い一杯に仕上がっています。

味を比較する上で、他店を引き合いに出すのは失礼とは思いますが、あえて言えば、「しゃかりき」さんのつけそばの出汁をそのままスープにもってきた、と表現すればご想像いただけるのではないかと思います。

チャーシューは注文のたび、極薄にスライス。写真ではわかりにくいですが、あまりにも薄くまるで「鰹節」みたいです。
ぼくはお肉はなにも「厚い」のがいいとは思いません。ステーキなら、それは厚いほうがいいかも知れませんが、自分でカレーを作るときはブロック肉は用いず、細切れ肉を使用します。この方が、カレールーと絡まり、ご飯といっしょに口に運んだときの旨味が増すと考えるからです。「ガッツン」のチャーシューもそうで、あえて脂身の少ないモモ肉を選ばれ、薄くスライスすることによって、あの濃厚なコッテリスープをチャーシューにたっぷり浸すことができます。絶妙ですね。

その他の具材は、海苔2枚とメンマ、ネギ。清涼剤としてのネギの量がもう少しあるとよいかなぁ。
麺はややウェーブがかった太めのもので、これもスープとの相性を考えた結果の選択です。これくらい太くないと、あのスープには負けてしまいますね。

店主もとても気さくな方。どのお客さんにも、朗らかに話しかけられています。まだお若いとお見受けしますが、ご立派。開店すぐに雑誌に取り上げられていましたが、これもそんな営業努力の賜物だとお察しします。店主のお人柄だけでも、近くに行ったときは、自然と立ち寄りたくなる人が多いでしょう。

【2005年11月3日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50179319
この記事へのコメント
行かれましたか。「がっつん」さん。
 ご主人は、まだ20代の前半ですかね?少しお話を伺ったのですが、某有名店で数年間修行された後、お知り合いがラーメン店を始められるのを手伝われ、その後独立されたとのこと。お若いのに、肝っ玉が据わったというか、性根をすえてラーメンに取り組んでおられることが、ビシビシ伝わってきます。
 だからといって、お人柄がピリピリしてみたり、妙に薀蓄を傾けたり説教くさくなったり・・・いくつか有名店でありますなぁ!・・・といったことは全く無いのがすばらしいところです。
 前回は「こってり」でしたから、次回は「あっさり」をいただこうと思います。
Posted by Archy at 2005年11月07日 22:38
Archyさま

こんばんは!
開店間もなく、京都のラーメン通の中で早くも話題騒然となっていた「ガッツン」。ようやく訪れました。
掲示板でのお話を鵜呑みにするわけではありませんが、信頼のおける方々が「旨い!」「臭い!」との、諸説入り混じっておりました。味の安定に一定期間必要かな?と考え、あえて時間を空けてみた次第です。エ!? 空け過ぎっすか!?

あれほどのこってりラーメンですからね。しかも大将一人の小さなお店。空調もままならない環境(しかも開店は夏の盛りでした)で、ほんとご苦労が多かったことでしょう。「一神堂」さんもそうですが、これから寒くなる季節にかけて、楽しみな二店ですね。
Posted by at_you_see at 2005年11月08日 02:51
追記です。

今書きながら思ったのですが、京都の人って、ある種「創作家」には優しいとつくづく感じます。たとえ、そのスープがたまたまの失敗作であっても、そのポテンシャルを感じると、じっくり大成を待つような気質があると感じます。このお店も登場から今に至るまでの評判は、まさにそんな感じだったんじゃないかと思います。
「創作家」とは、料理人をはじめ、作家、音楽家、画家、彫刻家はじめ芸術一般に携わる人たちのこと。

そんな土壌の京都が好きですね。

p.s. 大将確かに性根据わった「気合」の人ですよね。人柄は優しいのですが、その身体から漲る緊張感はまるで「格闘家」のよう(ちょっといいすぎか...)。ちなみに「ガッツン」の大将が以前どこのお店でご修行されたかは存じ上げておりますが、直接伺ったわけではないのでこのブログでは触れませんでした。今度赴いたときには、そんなお話も拝聴できるといいなぁ。
Posted by at_you_see at 2005年11月08日 03:01
私は、9月頃に伺いました。まるで、あんかけそばを食べているような独特なとろみと、豚骨に負けないくらいに魚系のダシが効いているスープに『こりゃ、うまい!!』と感動しました。当時は細めの麺だったような・・・。日々研究され進歩し続けている感じなのと、あの店構えが個人的には好きなので(寒い日ほどええ感じですね(笑))、また行きたいと思うお店です。
Posted by 村人 at 2005年11月08日 18:02
北風の吹きすさぶなか、道を歩いていると一風変わった立ち食いラーメンの店があった。少しでも温まろうと、透明のビニール製の風よけをくぐり、カウンターに並ぶ。気さくな店主が声を掛けてくる。「いらっしゃい、今日も寒いですねぇ」
しばらくして注文したラーメンが運ばれてきた。他では見ることができない濃厚な味だ。
なぜ、こんなところに、しかも立ち食いで、こんなに美味しいラーメンを出すお店があるんだろう?
新しい発見としばしの暖をとった客は、みな満足して家路についていく...。

これからの季節、こんな光景が見られるようになるんでしょうね。(^^)
Posted by at_you_see at 2005年11月09日 01:56
「がっつん」先日行きましたが、「初心忘るべからず」です。

写真の海苔の盛り付けですが、2枚入っているのには意味があり、器の隅にV字に盛り付け、指でVサインを作っているように盛り付けなければならないのにねぇ。

さらに店主のシャツの汚さ。 店主の親方があれを見れば即ボコボコにドツかれるでしょう。

お客さんと触れ合うのはいいですが、メリハリのあるお店に成長していってほしいと願っております。
Posted by 石田 at 2005年11月09日 12:36
石田さま

手厳しいご批評、ありがとうございます。(^_^;)
おっしゃるとおりかも知れませんね。とくに、シャツの件は飲食店をやる上で、看過しがたいところでしょう。

まぁ、こう苦言を呈されるのも、このラーメンが他を凌駕する実力を持ってるが故のこと。どうでもよいお店なら、言及することすらないでしょうからね。叱咤激励です。
でも、大将曰く、パソコン苦手で全然ネット見ないらしいすっよ。(^^ゞ

p.s. Leaf拝見しましたよ。凛々しいお姿が...!(^^)!
近いうちにこのブログでも紹介しますね。
Posted by at_you_see at 2005年11月10日 02:13