2005年11月15日

赤心

sekishin1御園橋ほど近い「赤心」を再訪しました。地図
前回はデジカメの充電が切れるという憂目を見ましたが、今回はばっちり。「唐子」とは全然違うという店主の言葉もありましたが、こうしてみると、盛り付けこそ違えど、やっぱりそっくりだなぁと感じます。ちなみに前回「一味が...」と言及していましたが、こちらにもちゃんと入っておりました。曖昧な記憶でいい加減なことを書いちゃダメですね...(-_-;)

赤心ラーメン(600円)野菜のポタージュのような独特のスープは健在で、まったりと甘く美味しい。これが、海苔や若布のような和のトッピングと相性が良いわけですから、不思議な感覚です。

sekishin2こちらは醤油ラーメン。タレのため、褐色がかっていますがベースは同じ。まったりとした膨よかな味わいはこちらでも堪能できます。あと、「テールスープラーメン」というメニューもあります。牛のテールを用いたものなのでしょうが、未食です。どんなものなのでしょう?

産業大学のお膝元にあたるため、遅い時間の訪問でしたが、たくさんの若い人で店内は賑わっておりました。定食系も量が多く、体の大きな学生が唐揚げや大盛のごはんを頬張っていたのが印象的です。「唐子」さんでは5種類くらいの惣菜がサービスされていましたが、こちらでもニラを香味油で和えた物(食べていないので自信がないですが...)が提供されています。場所柄話題にあがることが少ないお店ではありますが、これからも学生さんの味方で続いていって欲しいお店です。

【2005年11月15日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50205956