2005年12月07日

海洋亭

kaiyoutei1カップのソーキそばをいただき、沖縄そばの話題が広がりました。早速山科の沖縄そば専門店「海洋亭」へ行ってきます。京阪京津線「御陵駅」1番出口でてすぐです。地図
いただいたのは3種類の豚肉をトッピングにした「トリプル」(850円)。沖縄そばの代名詞ともいえる「ソーキ」は豚のスペアリブ。さらに豚足の「てびち」、皮・脂身・赤身が層になったバラ肉「三枚肉」が入る、とても贅沢な一杯です。それぞれの肉の風味の違いを味わうことが出来ます。ちなみに、単品を選んだそばはそれぞれ700円で提供されています。

さすがにお肉の出来は、沖縄料理店の支店だけあり、しっかりとした調理が施されています。柔らかく煮込まれた肉は箸で摘むとほろほろと崩れ、口に運びやすい。「てびち」もクニュクニュとした食感が面白い。

沖縄そばというと、鰹出汁が強いという印象がありましたが、意外に豚骨で取った出汁もしっかりとしています。醤油の塩辛い風味と獣骨の甘味がラーメンとは違う、均整の取れた風味をもっていて、なかなかのものです。

麺は扁平な形でモチモチと歯ごたえがありながら、すすっても出汁を纏いながら口に運ばれ、気持ちの良い分量でした。お肉以外のトッピングは厚めに切られた錦糸玉子とネギ。またテーブルには「いりごま」や「紅しょうが」の小瓶が置かれ、好みに合わせて加えることができます。

面白いのは鉢。「沖縄そば」は、「そば」なのか「ラーメン」なのか、なんて議論がありそうですが、少なくとも「海洋亭」さんの鉢は、まさしく古風な「ラーメン鉢」でしたね。(^^♪

お店ではオリオンビールも飲めますし、一品の「とうふよう」「海ぶどう」「ミミガー」といった沖縄料理も提供されていました。
東野でされている沖縄料理のお店が本店です。店主は沖縄文化の継承に熱心な方で、三線の教室などもされているそうです。京都に住む沖縄好きな方なら、きっとご存知のお店でしょうが、麺好きな人も訪れて欲しいお店ですね。

【2005年12月7日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50254713