2005年12月28日

紅茶ラーメン 紅

kurenai1「紅茶ラーメン『紅』」へ行ってきました。地図
今月できた新店です。「紅茶ラーメン」という触れ込みに、多くの人が「いったいどんなラーメン屋なんだろう?」と首をかしげましたが、その評判をきくと、どうやら「紅茶」が前面に出ているものではなく、チャーシューの燻製に「紅茶」の葉を用いられているとのこと。当然、スープそのものが紅茶でできているわけではありませんので、ご安心を。

で、早速食べに行ってきました。確かに紅茶らしさは全く感じられませんでした。

しかし、帰宅後いろいろ調べていると、致命的なことに気付かされます。
この「紅茶」を用いて燻製したチャーシューが入るのは、「特製紅ラーメン」(800円)で、基本の「紅ラーメン」(600円)には入っていなさそうなのです。( ̄Д ̄;)

せっかく、紅茶を云々したくて行ったのに。そりゃ、紅茶の味しないはずだよ...。(>_<)


気を取り直して、普通の「紅ラーメン」のご紹介です。

ラーメンそのものは、いたってシンプルな京都のスタイル。背脂醤油のラーメンです。かなり時間をかけて煮出されているようで、若干のとろみを帯び、ほのかに甘いスープ。この甘さを引き締める要素として、少し多目の一味が振りかけられています。
麺は、細めのやや縮れたもので、茹で上げもほどよい感じでした。
具材はチャーシューとメンマ、ネギ、煮卵。あと印象がよかったのが、煎りゴマ。火を通してあるのでしょう。香ばしさが芳醇で、甘味と辛味のスープに、香ばしさが加わり、味の変化を楽しむことができます。

総合的な感想としては、かなりよくまとまったラーメンなのですが、僕にとってはあの背脂の量が気になります。多すぎる。
背脂がたくさんかかった、いかにもワイルドな雰囲気を好む人も多いでしょうが、個人的には過剰にコテコテにさせるのもどうかな、と。笊の横から滑り落ちたと思われる白い塊が2,3浮いていたぐらいでしたから。

次回訪れたときは、ぜったい「紅茶」のチャーシューを食べようっと。

【2005年12月28日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50279837