2006年01月14日

高安 スジラーメン

高安 スジラーメン「高安」のスジラーメンをいただきました。
お店の場所などは、基本のラーメンを食べた前回を参照ください。

言わずと知れた有名店。カップ麺も発売されるほどの人気店になりました。訪れたときも夕方の営業がはじまる6時前でしたが、そこにはもうすでに行列が...。直前に並んでいたのが、ある大学の学生さんの団体。体育系の方で、おそらくソフトボールかラクロスだと思いますが、みなさん女性で、ジャージ姿で注文するのは、「唐揚げ定食」。よく食べられますわ。(^^♪

彼女たちがようやく席に収まり、我々も中へ。勇んで限定のスジラーメンを注文です。「限定」と書いてはあるけど、ずいぶん長い間やられてますなぁ。お値段は650円。かつては600円でしたが、ご存知の牛肉の問題で価格が高騰。この程度の値上げは、全くの許容範囲です。有名な唐揚げのボリュームも含めて、良心的な価格設定といえます。

スープは普通のラーメンと同じものですね。豚骨と鶏がらを丁寧に煮出した、きれいな純白のスープです。小さめの鉢ですが、浪波と注がれています。京都のラーメンの本流はこんなスタイルなんですよね。スープそのものは他の追随を許さない独創的なものですが、鉢に盛られるスタイルに京都ラーメンのクラシカルな部分を踏襲しているところなんか、まるで美術史や思想史で出てくる「弁証」を思ったりもします。
ネギは大きめにカット。。緑色が白のスープに映えます。やや強い辛味、苦味がある九条ネギですが、これはあの「甘い」スープとの対比の中で、舌がより感じやすくなっていることもあるでしょう。敢えて選ばれた品種と切り方です。ただ、今日のはちと苦味が強かったか...(^^ゞ

というのも、スープの粘性が記憶にあるものと比べて、やや弱く感じました。もっとポタッとしていたような...。
確かに高安さんのスープは、天一に代表される「こってり」とは一線を画すもので、もともとその線を狙ったものではありませんが、本日いただいたものは、やや薄さを感じたことは事実です。まぁ、本日2杯目という私の事情もあるかも知れませんので、その辺りは加味してお読みください。(^^ゞ

主役の「すじ肉」は黒毛和牛のものをご使用とのこと。甘辛く炊かれています。醤油の辛さは当然、ネギの青い辛さとは異なりますので、スープの甘さ、ネギの苦味、すじの甘辛さという三者三様のコラボレート。また、考えてみれば、豚骨・鶏骨・牛すじのコラボレートでもあるんだなぁ。白ゴマが和えられ、香ばしさが加わります。クニュクニュとした食感がチャーシューとは異なり楽しいです。

また今回は無料のトッピング「ニラごま」も試しました。唐辛子でかなり辛めの味付けですが、甘いスープに飽きたら、これを加えて風味を変えてみるのも乙なものです。

【2006年1月14日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50301388
この記事へのコメント
「高安」さんのスープは明らかに一時より薄ひです。
でも、それは店主の方向性らしく、以前(私の初訪時だから2001年)の濃厚な膠質成分の多ひスープは目指してゐる味ではなひ、といふことです。

私は完全に初訪時の方が美味ひと思つてます。
現在の味ならとても行列してまで食べたひとは思ひません。
Posted by 月 旧一 at 2006年01月17日 13:59
確かに、薄くなっていますね。
開店当時、どこかの掲示板に「薄い天一」と書いていた方がいたように、鶏がらベースのスープでとろみがありました。
月さんの好みには合わないようですが、私は今でも美味しいと思います。
#オジイになって、濃厚スープがツラくなってきているということもありますが・・・トホホ・・・
Posted by Archy at 2006年01月17日 23:45
>月さん
いらっしゃいませ(^^♪

スープの粘度、やはり、そうですよね。
確信はありましたが、裏が取れている話ではなかったので、あまり断定的なことは書かないでおこう...と多少控えめな表現にさせていただきました。

ただ、あの行列が絶えないという事実は、それなりに支持されていると考えるべきなんでしょうね。「東龍」といい、若い人たちの趣向が変わってきているのかなぁと漠然と想像したりします。

>Archyさま
毎度です♪

好みの話で言うと、上の文面の行間にも滲み出ていますが、やはり昔の多少こってり感があるほうが好きですね。粘度が一定あることによって「甘さ」をより感じやすいと思っています。

ということは、まだ僕は若いうちなのかな? (^^ゞ
Posted by at_you_see at 2006年01月18日 01:04
濃い味一辺倒だとあきが来るんですよね
それと胃に負担が掛かる事。
今の味ぐらいがちょうどいいと感じております。

Posted by k2 at 2006年01月26日 15:47
>k2さま

いらっしゃいませ。(^^♪
亀レス、申し訳ありませんでした。m(__)m

ぼくは正直なところ、もう少し「濃い」ほうが好きなんです。とくに高安さんのものにはそう感じます。高安さん特有のあの「甘さ」は、一定の濃さがあって、食べたときの充足感とか、驚きが生まれます。

はちみつにしても、ソフトクリームにしても、「甘い」ものは結構「とろみ」があるものがあって、熱いのだけれど、甘くて、トロトロで...という往年の高安さんのほうが、好みでしたね。
Posted by at_you_see at 2006年01月30日 00:42