2006年01月28日

まりお流 黒七味塩とんこつ

まりお流 黒七味塩とんこつ続けて訪れたお店が奈良「まりお流」。今やラヲタの中では押しも押されぬ支持を得ているお店です。奈良という立地ながら、大阪・京都から車で行くには行きやすく、以外に両地からひっきりなしに訪れる人気店なのでしょう。ただ、何度も触れますが、僕は車持ってないんですねぇ。(-_-;) 一度は行きたいという話をしていたところ、ありがたいことに、今回zombie様にお誘いいただいたわけです。\(^o^)/ 地図
さてこのお店メニューがいっぱいです。ここに書ききれませんから、まりおさんのHPでご確認ください。

さて、これだけのメニュー、なににしようかなぁと悩む。まりおさんは外出中。なんでもテレビの取材の影響で、買出しと休憩が押していたと。そこでzombie氏電話。戻ってきてくれはるそうな。スンマセン、忙しいのに...m(__)m

まりおさんにお会いして(すごいお腹((゜o゜))、「よっしゃっ!」とオススメの一杯を作っていただく。あ、選ばなくてもいいのね。出てきたのが、この「黒七味塩とんこつ(735円)」でございます。

う〜ん、すごい豚骨。びっくりです。てっきり今関西で一番粘度の高いラーメンは「無鉄砲」とばかり思っていたのですが、その上を行っています。テロテロです。スープを飲むというよりも、完全に「食べる」ですね。

上にまぶされているのが「黒七味」。今やちょっとしたブームになっているみたいですが、それを早くも取り入れ、豚骨スープに合わせるという大胆な活用。でもこれが、旨い。確かに「辛い」のですが、ヒリヒリして水が何杯もほしくなるという風ではありません。豚骨自体が相当なインパクトなので、味のバランスをとるに、ネギや胡椒といったくらいでは、太刀打ちのしようがない。そこでこの「黒七味」が選ばれたのでしょう。豚骨の甘味がややもすれば「もたれ」の原因になりそうなところ、この独特の辛味が、他の香辛料にはないふくよかな辛さを提供し絶妙の均衡を保たせています。

麺は太めの縮れ麺。こってり豚骨には、やはりこのスタイルがぴったりだと最近つとに感じるようになりました。トッピングは、ネギ、メンマ、チャーシュー、そしてうずら卵が2個。脂質が少ないチャーシューは実にトロ〜リ豚骨によくマッチして、スープを纏いながら口に運ばれます。ネギはシャキシャキ。メンマは細めに割かれたものですが、コリコリとした歯ごたえがしっかりしていて、○。スープともよく合います。うずら卵がまた良い。小さくてプリプリとした舌触りのそれをレンゲにとり、コテコテのスープとともに口に流し込むと、パサついた黄身が豚骨と合い塗れ、卵の高たん白な美味しさが豚骨スープにより、一層増幅されるような気がします。

次回はぜひとも「鴨」が食べてみたいのでした。(^^♪

連れて行っていただいたzombieさま、ホントに感謝でございます。m(__)m

p.s. はじめて「スズキ カプチーノ」という車にのせてもらったんですが、凄い車だなぁ。(@_@;)

【2006年1月28日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50333375
この記事へのコメント
zombieさんの自コメントをチェックしたら、レスを頂いているではありませんか。という訳でカキコ致します。亀レスすみません。

atさんは、あの日が初まりおだったんですね。私は3ヶ月ぶりのまりお訪問だったのです。それで遭遇とはびっくりです。
黒七味は「ちょっとしたブーム」になってるんですか?知らなかった・・。私はまりおで初めてその名を聞きました。
黒七味とん塩旨かったですね!でも私のにはうずら入ってなかったです。atさんのがサービスだったのか、はたまた私のに入れ忘れたのか。

ところで京都のオススメ店はどこですか?
私は風花とか杉千代とか好きです。
Posted by runner at 2006年02月09日 15:00
>runnerさん
いらっしゃいませ♪
「まりお流」は魅力的なお店ですねぇ。数多くのラヲタが魅了されるのも、深く頷けますわ。
( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_−)

「黒七味」はラーメンにおいてではないですよ。
「一般的に」ということです。
なんでも、竹の小筒に入れて持ち歩いているひともいるとか。(^◇^ ;)

京都のオススメを露骨に言及するのは控えますが、f(^_^)
まぁブログをちょこちょこ斜め読みしてもらえれば、
自ずと伝わるかもしれませんねぇ。(^^♪

ちなみに「風花」さんも「杉千代」さんも当然行ったことはありますが、まだこのブログでは未出なんですねぇ。
久しぶりにいって、感想かかなきゃ。
Posted by at_you_see at 2006年02月10日 00:32