2006年02月05日

無鉄砲木津本店 とんこつ

無鉄砲 とんこつ先週に引き続いての来店です。もちろん「とんこつ」をいただきます。(^^♪
今日は呪文を唱えてみました。「ヌキスープスクナネギオメンカタ」。

無鉄砲 ネギすくなどうもまだ未熟みたいでした...。ネギが少なくなっている...。(-_-;)
ほんま、新米の呪文間違えですなぁ。トホホ。


無鉄砲 ネギで、お店の人、すかさず別皿でネギを出してくれはりました。多! たっぷりかけたのが、上掲の絵でございます。m(__)m


いや、ほんと旨い。なにも言葉はございますまい。
本来は前回と比べて云々、なんてコメントになるのでしょうが、そんな些細なことはどーでもいいくらい満足の一杯です。
今日は、この「無鉄砲」だけと決め込んできたので、サイドメニューの餃子とご飯も注文。写真撮るの忘れましたが、餃子はタネがややすくないものの、皮はパリパリで美味しゅうございました。ごはんは、この豚骨と合わせながら食べたかったのです。口にこのコテコテのスープを含みながら、ご飯を頬張る。ジャンクな食べ方ですが、いや実に美味しい。^^;

「スープスクナメ」はより粘度が高く、旨味が凝縮。もうスープを飲むのではなく、半固形化したそれを口に運ぶといっても過言ではないほど。それがまったく獣骨独特の臭みがないのだから、驚異的といってもよいです。さすがにお腹いっぱいですが、ぜんぜん後で胃がもたれないから不思議なものです。

今日は前回と同じくらいの1時間待ち。まぁこれくらいなら、何人かで来ていればそれほど苦になる待ち時間ではありません。ただ寒いのはこたえますねぇ。帰ることには、もっと行列が伸びていた(1時頃)。たいへんだなぁ。駐車場スペースもあれだけ広いのに足りていない...。留まることを知らない、凄まじいお店です。

【2006年2月5日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50333696
この記事へのコメント
>餃子はタネがややすくないもの・・・
タネじゃあーりませんね、「ネタ」ですね!!
>ただ寒いのはこたますねぇ・・・・
そーです、「え」が抜けてますね!

間違え探しでした(^^ゞ
また、遊びに来まーす。
Posted by kankaku at 2006年02月06日 06:54
こんにちは。昨夜はパトカーが出動する程の盛況ぶりだったようですな。ちなみにこの場合の呪文は「ヌキカタネギオ・スープスクナメ」が分かり易いかと。次回に使ってみて下さい。
Posted by 禿<かむろ>波平 at 2006年02月06日 11:30
どもです
わたしも先週行ってきました。
実は、わたしもジャンクな食べ方派(笑)です。
ゴマをかけた高菜をご飯の上にたっぷりと盛り、
スープを一口(チョーネギお なのでネギもたっぷり)
すすり、高菜飯をほおばりモシャモシャ食うのが
たまらず好きです。
Posted by わかまつ at 2006年02月07日 00:04
>kankakuさま
はじめまして。いらっしゃいませ(^o^)/
ご指摘ありがとうございます。m(__)m 早速訂正いたしました!
これくらいの間違いには「こたません」!

ちなみに餃子のそれは、やっぱり「タネ」なんですねぇ。
「ネタ」が少ないのは吉本の若手芸人でございますぅ。

また遊びにいらっしゃってくださいね。

>禿(かむろ)さま
ご教示ありがとうございます。m(__)m
やはり語呂がいいっすねぇ。カッコイイです。
僕ももっと修行しよっ。

Posted by at_you_see at 2006年02月07日 00:58
>わかまつさま
どもです!
「カタメヨリカタメ チョーネギオ アツアツ」(http://blogs.yahoo.co.jp/wakamatsuoyakata より)
う〜ん、なんていい響き。「アツアツ」という畳語がステキ。「呪文」を眺めていると、童話に出てくるオノマトペを彷彿とします。

♪カタメカタメヨリカタメ
ネギオネギオチョーネギオ
スープスクナメヌキアツアツ♪

「グリとグラ」を思い出しました。
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.jsp?isbn=4-8340-0082-6
Posted by at_you_see at 2006年02月07日 00:59
私は3日に行きました。
呪文は「ヌキナメラカ」と簡潔に。
やはり物足らなかったよー。
Posted by 石田 at 2006年02月07日 23:26
石田さま

どうもです。(^o^)/
「ナメラカ」なんてのがあるんすね。はじめて知りましたよ。
石田さんのことですから、きっといろいろ試そうとのことなんでしょう。その挑戦心いつも感服です。m(__)m
Posted by at_you_see at 2006年02月09日 01:01
私も木津店には一回だけ行ったことあります。
でも40人くらいの行列にびびって、まりおに逃げ込みました。「行った」ことはあっても食べたことはない・・。

色んな呪文が存在するんですねー。面白い。
奈良店でも麺の固さ、背脂の量、ねぎの量をわざわざ店員さんから尋ねてくださいました。
その細かい注文一つ一つに応えようと言うプロ意識と誠意が、あの行列を生み出してるんでしょうか。いやはや感服です。
Posted by runner at 2006年02月09日 15:10
呪悶いろいろあるから次回にでも伝授しましょう!

runnerさん>
そーなんですね。出来るだけ食べてもらう人に満足して帰っていただきたい!と言うのが店側の気持ちなんですね。
今度は無鉄砲で会いましょう!大阪もあるでよ!(^-^)
Posted by いっちゃん at 2006年02月09日 19:06
いっちゃんさまから、直々ご伝授いただけるとは、光栄至極でございます。(^^♪
よろしくお願いいたします。
(覚えられるかな?(@_@;))

>runnerさま
ようこそっす(^o^)/
ぜひぜひ木津店をお試しください。
ぼくも機会をみつけて大阪店に挑戦してみます!
Posted by at_you_see at 2006年02月10日 00:19
コメントの投稿場所を間違えました.すいません.
再コメです。

はじめまして、トンコツ好きにはたまらないものがありそうですね.私の地元・福知山には「とん吉」というその筋では有名な
ラーメン店があるのですが、どっちが凄いのだろう・・・
もし、福知山にこられる機会がありましたら、「とん吉」のトンコツラーメン。「ふくちあん」の肉盛りラーメンをお勧めしておきますよ.

Posted by BB at 2006年06月30日 12:38
>BBさま
コメントありがとうございます。(^o^)丿
福知山はなかなか遠いです。(@_@;)
が、なんとか機会を見つけて行ってみたいなぁ。
Posted by at_you_see at 2006年07月13日 02:24