2006年02月12日

高倉二条

高倉二条二条高倉の角に新しいお店ができました。その名も「高倉二条」。外観からして全くラーメン店とは感じず、割烹のような井出達です。
地図
お店の暖簾をくぐって店内に入るとかなり強い臭いが鼻をくすぐります。普通のラーメン店なら、その臭いは獣骨のものですが、ここ「高倉二条」は、和出汁のそれ。節系の強烈な香りが充満していています。蕎麦屋でもこんな臭いはそうそうないでしょう。明らかに今までには経験したことがない圧倒される臭いに驚きます。

メニューは少なく、ラーメンとつけ麺のみ。それぞれ味玉を加えるものが用意されています。初訪問ということもあり、基本のラーメン(700円)をいただきました。

注文が通ると小鍋にスープが移され、ゆっくりと温めていかれます。器に移された後、各トッピングを乗せていくわけですが、けして素手で触ることなく、丁寧に盛られていきます。

茶褐色のスープは、鰹・鯖などの節系和出汁と豚骨とのWスープ。お店に入ったときの印象のとおり、主人公は和出汁。豚骨はそれを支えるような存在でしょう。ただ存在感に乏しいかというと、あれほど強い和出汁とあわされる以上、それと張り合うことができるポテンシャルは認められます。豚骨の臭みを出さないよう、しかも弱くならないよう、非常に丁寧に取られていることが伺えました。

思えば、かつてのブームでWスープに挑むお店はかなり増えました。しかしあくまでも、獣骨がメインであって、それを補完するかのような和出汁の使われ方だったでしょう。一部でかなり和出汁に力を入れているお店もありますが、個人的には独特の酸味を強く感じることも少なくありません。そんな環境で現れた、この「高倉二条」は、純粋に和出汁の美味しさを堪能できるスープです。

麺も他と比肩しえない独特のもの。「全粒粉」というものだそうです。写真では僅かしかその姿が映っておりませんが、茶褐色で麺の表面に黒い斑点が認められ、まるで蕎麦。あくまでも小麦から作られているのですが、種皮をとらずに粉砕したものから製麺されたものです。当然栄養価に優れているそうですが、そんなことよりもむしろ独特の外見から醸し出される類稀な個性に興味がそそります。若干太めでややウェーブがかっており、ややゴワゴワした感はありますが、豚骨の粘性を湛えたスープとは結構からまり、仄かな胚芽の風味を感じます。

トッピングがまた面白い。支那竹はかなり太いものがゴロッと入っています。「しゃかりき」ほどではありませんが、これはかなりのインパクト。チャーシューもまた大きさといい調理のされ方といい個性的なもの。バラ肉でかなりの大きさ厚さのものが一枚入ります。ネギは白い部分を用います。九条ネギが基本の京都ラーメンとは、これまた一線を画しています。彩を意識した糸唐辛子が添えられるのも憎い演出です。

テーブルには、「白胡椒」「黒胡椒」「七味」「山椒」が据えられていました。スープを飲み干すことを前提に作られているラーメンの場合、確かに終盤「飽き」がくることもあります。そんなとき、これらの薬味で味に変化をつけると面白いでしょう。zombieさんの感想を拝読していたので、ぼくも「山椒」を試してみましたが、なるほど合いますね。入れ物もかなりおしゃれです。どっかのこじゃれたダイニングバーか雑貨屋でしか見たことが無いような容器でした。

出されるお茶もジャスミンティー。味の濃い出汁を飲み干した後で、口に含むと、爽快な香りが口中を潤します。

他では見られない独創性あふれる一杯。かなりの水準のお店です。カウンターのみのこじんまりとしたお店ではありますが、この界隈に行く用事があれば再訪したいお店です。もうひとつのメニュー、「つけめん」もかなり食べてみたい。


ラーメンとは関係ありませんが、店内はオサレな音楽がかかっています。有線と思いきや棚の一角に、Marantzとロゴのあるアンプが。こんなところでも、「こだわり」的なお店の雰囲気は漂ってます。

【2006年2月12日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50359814
この記事へのトラックバック
実は今回一番期待していたお店です。早稲田大学の門前に位置する「渡なべ」。高田馬場から歩いて7,8分程度のところにあります。 否が応にも、この「渡なべ」にインスパイヤされて、京都に出店された「高倉二条」と比べてしまうのです。「高倉二条」が京都のラーメン愛....
渡なべ【京都ラーメン膝栗毛】at 2006年05月16日 01:44
この記事へのコメント
「高倉二条」でググってみたらこちらがヒットしたので、TBさせていただきました。ここのラーメンおいしいですよね〜。これからもグルメリポート楽しみにしています。
Posted by ほしの at 2006年04月26日 01:07
ほしのさま

ご訪問ありがとうございます♪

なぜか現在のところ、TBまだ来てませんね。LDの不具合かなぁ?とりあえず、ほしのさんのBlogにもこちらからTB投げときますんで、よろしくお願いいたします(^^♪

高倉二条のコメント、楽しく拝読しました。
末尾に記された、日本社会経済の変化を象徴する京都ラーメンの変貌という壮大なテーマについての逸文、ご期待申し上げます。(^^)/
Posted by at_you_see at 2006年04月26日 02:42
管理人様、

コメントさせていただいたほしのです。どういうわけだか、ココログのほうでTB飛ばしているのですが、そちらに届かないようです。ココログでlivedoorblogにTB届いたためしがないので無理かもしれません(T T)

なお、最後の壮大な?テーマについてですが、掲載はまだ未定です。どうも勢いで書いてしまったのであまり考えがまとまっていないので・・・。すいません。
Posted by ほしの at 2006年04月28日 14:32
実のところ今オイラが一番気に入ってるラーメン屋さんです。
気が付くと1〜2週に1回は必ず通っています。
個人の好みだし比べちゃいけないんだろうけど、炙り叉焼や背脂ちゃっちゃ系が個人的に今ひとつになってきてるので正にここのラーメンはビンゴでした☆
きっと連休中も行くことでしょうね(^^;
Posted by 大葉茅郎 at 2006年04月30日 23:03
大葉様

週1〜2回とは凄いですねぇ。
僕も先日2回目の訪問を果たしました。
ちょっと一回目とは印象が違ったのですが、大葉さんはその変化、お感じになっていますか?
Posted by at_you_see at 2006年06月26日 01:49
一番顕著に変わったのは麺の太さでしょうね。
これは変わった時から気が付きました。
店長に訊いたら当初の太さの麺だと
京都の夏の気温と湿度で茹で時間が
めちゃくちゃシビアに変わるので
そのブレを極力少なくするために
今の太さに変えたとのこと。
スープも魚出汁はストライクゾーンの中で
微妙に変化し続けているようですね。
ただ、旨いことに変わりはないので相変わらず
足しげく通っておりますが(^^;
Posted by 大葉茅郎 at 2006年07月13日 23:42
>大葉様

あちこちの掲示板で絶賛されてますね。
麺の太さは気がつきませんでした。若干番手が上がったかな?

僕の感じた変化は、スープの豚骨部分です。
季節柄、安定した状態を保つのが難しいですね。

また、行ってみます。

Posted by at_you_see at 2006年07月14日 01:43
う〜ん。本当に好きだからってだけであちこちで
書いちゃってますね(^^;
やっぱりうっとうしいかな?
しばらく自粛しなきゃー。

あ、変わったというとつけ麺のつけ汁も当初から
比べるとだいぶ変わったんじゃないかと思います。
Posted by 大葉茅郎 at 2006年07月14日 23:10
>大葉さま
いえいえ、「うっとうしい」なんてとんでもない。(^^ゞ
みなさん、ホームグラウンド的お店をもってはるんで、
足繁く通う方の情報って、すごく重宝します。

また新しいトピックがあったら、教えてくださいね♪
Posted by at_you_see at 2006年07月15日 17:10
新しいトピックスというほどのものではないけれど
つけ麺を食べた後に魚出汁をつけ汁に入れてもらえる
じゃないですか。そこにご飯を適量加えてお茶漬けの
ようにゾロゾロッと食べるとなかなかいけますよ。
これで漬物があれば完璧ですが、無化調の漬物が
まだ見付かってないとかで・・・残念ですが
まぁこれもこのお店の拘りってことですね。
また行く機会があれば、つけ麺とご飯を頼んで
お試し下さい♪
つけ麺の後にご飯はお腹に来るな〜って時は
つけ麺を(小)で頼むといいかもです。
Posted by 大葉茅郎 at 2006年07月23日 21:55
>大葉茅郎さま
なるほど〜。面白そうですね♪
「無化調の漬物」ですかぁ。
「見つからない」ってのが、ある意味世相を反映してますね。

ちなみに麺がやや太くなったそうですね。
大葉さまのご評価や、如何に?
Posted by at_you_see at 2006年07月25日 00:33
「無化調の漬物」を売ってる漬物屋、調べてみれば京都市内でも何軒かある様子。
ただ、いかんせん忙しいのでなかなか行けないのでしょうね。

麺が太くなったことについて、個人的には当初の細い麺の方が全粒粉の風味が強く出ていた(濃かった)ように思います。
ただ、少し太くなってもっちりした食感が強く出るようになった今の麺も捨てがたく・・・(^^;
Posted by 大葉茅郎 at 2006年07月28日 22:06
>大葉茅郎さま

いつもコメントありがとうございます。ヽ(^o^)丿
ずっと同じトピにご記入いただいてすいません。
「高倉二条」さん。また新しく書いてみますね。

さて麺の太さが変わったそうですね。太くなったとか。
最近、太めが好きになってきたので、これは興味津々です♪
Posted by at_you_see at 2006年07月31日 00:02
はじめまして!このブログを見て噂の高倉二条、訪問してみました。つけめん良いですね。麺は量の多さも感じず、麺自体の旨さを感じますね。スープはバランスがいいです。私、昨年まで、東京に居ましたので、つけめんのお店は結構回ったのですが、比較しても当店は遜色ないですね。ただ、個人的には、タイプとしては高田馬場『べんてん』、本川越『頑者』、町屋『勢得』のインパクトの有るつけめんにはまっていましたので、物足りなさを感じるとういうのが正直なところです。やはりいい意味で化学調味料の美味しさに慣れてしまったのでしょうか?値段が780円、少し高いかな?調味料とかの演出は要らないからもう少し安かったらお客さん増えるだろうなあ・・。立教大生行列の要町『麺舗十六』の600円は異常に安いということなんだろうな?でも本当に美味しいつけめんでした。店主のご努力に敬服します。ご馳走様でした。
Posted by はんつ近藤 at 2006年08月17日 13:06
ご高覧ありがとうございます。m(__)m

ぼくもつけ麺ちゃんと食べてるんですが、忙しい時期だったんでアップできてないんですね。スイマセン。

また久しぶりに食べに行こう。\(^o^)/

それから、できれば、HN変えていただければ、ありがたいです...。(^_^;)
一瞬、本人さんかと思いましたよ。
Posted by at_you_see at 2006年08月23日 02:14
はじめまして。
東京在住(京都出身)の「たまお」と申します。
以後、宜しくお願いします。

この「高倉二条」さん。
私も今春に食しましたが、激うまですね。
Wスープをこよなく愛する私ですが、
ここまで魚介系を前面に押し出すことに成功し、
完成度を高めたWスープは、そうそうないでしょう。

「しゃかりき」さんと、このお店は、
全国でも屈指の旨さではないかと思います。

「行列だけは長いが、味はさっぱり。値段も高い」ラーメン屋が乱立する東京に暮らしながら、
「高倉二条かしゃかりきがあればなぁ・・・」などと夢想することしきりです^^。





Posted by たまお at 2006年08月24日 22:31
たまおさま

はじめまして。こんにちは。
ご高覧感謝です。m(__)m

それに加えて、京都のWスープの主要店を東京のラーメンを知っている方に評価していただき、京都に住みこれらのラーメンを愛しているものにとって、とても嬉しいお言葉です。

ところで、「渡なべ」や「六坊」は赴かれましたか?
このGWに訪れましたが、流石東京は大都会だけあって懐が深いなぁと感心した逸品でした。

たまおさんのこれらのお店のご評価をぜひ拝聴したいです。
Posted by at_you_see at 2006年08月25日 01:36
ご丁寧なレスをありがとうございます。

「渡なべ」も「六坊」も残念ながら食べたことがないです。
調べてみると、両店ともに馬場に在るんですね。
実は私は学生時代をあの界隈で過ごしたのですが、
卒業後は、馬場は(郷愁こそ感じるものの)随分と縁遠い街となってしまいました。
しかし近年、「俺の空」をはじめとして人気ラーメン店が軒を連ね、「激戦区」の様相を呈しているようですね。

いったん東京を離れて数年間京都に暮らしていましたが、今年からは多摩に転居したため、
現在は東京西部を中心に隠れた名店を探し歩く毎日です^^。
稲城市の「三歩」が、秀逸なWスープを味わわせてくれます。魚介系の旨みを凝縮したスープが素晴らしく美味です。他には、聖蹟の「鐙屋(あぶみや)」を気に入っています。この両店に関しては、まだまだ伸展がありそうで期待しています^^。
Posted by たまお at 2006年08月25日 10:51
たまおさま

お返事いただき、ありがとうございます。
高田馬場はすごいですね。「俺の空」も訪れましたが、凄い人。ポールを取れたのが奇跡でした。味もその評判に違わず、感激しました。また食べたいです。

それと比べると、「渡なべ」「六坊」は、まだまだマニアなお店なのでしょうか?味的には、凄まじいほどの完成度の高さを誇っていますが、所謂東京の有名店に伴う行列には遭遇せず入店することができました。

いま東京にお住まいなら、ぜひこの二店は訪れることをお薦めしたいと思います。
Posted by at_you_see at 2006年08月28日 04:15
横から失礼。
実は今夏上京しまして高田馬場の「べんてん」と「渡なべ」
それとなんとなく目についた「さいたま屋」に入りました。
どれもみな美味しくて満足度高かったです!
特に東京に行ったら絶対に食べておけと言われていた
「べんてん」のつけ麺には感動すら覚えました(^^;

本当に高田馬場って凄いですね。

次に上京した時は今回行けなかった九段下の「斑鳩」に
行きたいと思っています。
Posted by 大葉茅郎 at 2006年08月28日 22:42
大葉茅郎さんが感動したという「べんてん」のつけ麺、食べてみたい!

僕も「斑鳩」は未食です。年末に行きたいなぁ。
Posted by at_you_see at 2006年08月29日 02:02
ちなみに・・・

高田馬場の「べんてん」を奨めてくれたのは
「高倉二条」の大将だったりします(^^)


あ、だから「食べておけ」ってのはニュアンスで
実際はもっと柔らかい奨め方されましたから(^^;
Posted by 大葉茅郎 at 2006年09月02日 22:27
ますます行ってみたくなりました。(^^ゞ

いつも情報のご提供、ありがとうございます。(^o^)丿
Posted by at_you_see at 2006年09月04日 04:13
若干脱線しますが先日大阪のつけ麺を食べてきました。
阪急中津から徒歩15分くらい?大淀中4の大吾郎商店。
鶴見緑地線今福鶴見から徒歩5分くらい?のカドヤ食堂。
扇町・・・というか梅田からも歩いて行ける大阪大勝軒。
どれも美味かったよ〜♪
Posted by 大葉茅郎 at 2006年10月21日 22:27
>大葉茅郎さま
武内さんの掲示板でも「大吾郎商店」の話題を提供されていましたね。次に大阪に行く用事があれば、ぜひ伺いたいと思っています。実は「カドヤ食堂」さんも行けてないんですね。超有名店なのに...
Posted by at_you_see at 2006年10月23日 02:05
>大葉茅郎さま
武内さんの掲示板でも「大吾郎商店」の話題を提供されていましたね。次に大阪に行く用事があれば、ぜひ伺いたいと思っています。実は「カドヤ食堂」さんも行けてないんですね。超有名店なのに...
Posted by at_you_see at 2006年10月23日 02:07
ラーメンとは別物。味が濃すぎ,本来の和だしの取り方から言うと濃く取り過ぎている上に、豚骨がくるから、これはもう、ジャンクの濃い味になれている人にはどうとも無いと思うが京都人には濃すぎてくどい。
聞いたら、大阪の人であった。

麺をはじめ健康志向が先走り過ぎて、味醂は福来三年味醂、酢は京都の自然酢富士酢を使っている。麺は現在京都から岡山に移ってネットうどん屋となっている「萬樹」のうどんとそっくりな全粒粉麺である。
区別がつかない、あえて言えば饂飩の方が少し太い。物珍しさはやがてあきられる。

本来?のラーメンが食べたくなる。
Posted by 美味い紋好き at 2006年12月06日 13:11
はじめまして。高倉二条には一回しか行った事はないんですがファンになってしまいました。住んでいる所が遠方でなかなか行けないのが残念です。とても興味が持てるブログだったのでトラックバックさせて頂きました。
Posted by ジェントル麺 at 2007年11月17日 19:43