2006年02月19日

銀水 @滋賀南草津

銀水 @南草津立命館大学琵琶湖草津キャンパス(BKC)。山間に立地するそのキャンパスから、最寄のJR南草津駅に至る途中にそのお店はあります。地図
この界隈の学生に聞くと、結構人気の同店。名前のごとく、九州博多のライト豚骨のお店です。ただ京都今出川通にある同名のお店とは関係はなく、一方で草津駅のエルティに入居の「めん壱」さんとつながりがあるとか。

お店は古い建物ですが店内は雰囲気よく改装されており、木調をベースにした落ち着いた空間。流れている音楽はラーメン店としては珍しくレゲエがかかっていました。お店の人もキャップを斜めに被っている所謂イケメン風の兄チャン。店長も無精髭が渋い細身の方です。棚には若い人が好みそうなジンやラムが並べられており、学生街によく見られるちょっと場末ちっくな雰囲気のお店です。

銀水ラーメン(600円)をいただきました。

意外に初めての訪問だったのですが、予想していた味にかなり近かったです。基本的なライト豚骨。たしかにシャバシャバのそれですが、意外に醤油タレがしっかりしています。故にスープは真っ白ではなく、やや濁っています。

当然相性のよい化調は入っていますが、ニンニクや唐辛子などなどアクの強い薬味は入っておらず、かなりペロッといける正真正銘「ライト」な一杯でした。

具材は角煮っぽいチャーシュー、ネギ、味玉、きくらげにメンマ。写真では紅生姜が載っていますが、これは卓上からお好みで加えられるようになっているもの。彩り的にここは乗せて撮影っと。煎りゴマははじめから振られておりました。

麺は九州本場の麺ではなく、関西で入手しやすい範疇の細麺。従って、スープから想像される麺とのコラボレーションがどうしても弱い。まぁここは関西だし、なにがなんでも九州のそれを真似る必要はありませんが、どうせ違うものにするなら、やはり九州のそれを越える工夫が見て取れてはじめて感動がおきます。ちょっと残念かな。

訪れたのは、試験も終わり、学生は帰省をしているくらいの時期なんでしょうが、結構若い人たちで込み合っていました。僕以外はおそらくすべて学生さんで、ちょっといずらかったわ...(しかもデジカメで写真撮ってるし...(^_^;) )
学生に愛されるお店として、ずっとがんばってもらいたいですね。

p.s. 先週のところで、同じようなラーメンを連日食べているので若干食傷気味か。コメントに躍動が見られないかもしれませんが、そのあたりは加味いただいてください。m(__)m

【2006年2月19日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50359936
この記事へのコメント
この銀水さんって、北白川の銀水さんと関係があるのでしょうか?
メニューとかそっくりなんですが、以前北白川へ行ったときにお店の人に伺ったら「関係ない」といわれたのですが・・・???どうなんでしょ?
Posted by Archy at 2006年02月25日 02:42
>Archyさま
関係ないみたいですよ。
同じ博多系のお店ですが、ラーメンはだいぶ違います。
個人的には、京都の銀水さんのほうが好みかも。
ちなみに「北白川」というよりも、白川今出川ですね。
http://blog.livedoor.jp/at_you_see/archives/29834467.html
Posted by at_you_see at 2006年03月06日 00:45
はじめまして。
銀水ラーメンが今無いんですが何処か移転したんでしょうか?

Posted by サチ at 2007年03月16日 12:31