2006年02月28日

ラーメン酒場しらかわ しらかわラーメン

ラーメン酒場しらかわ しらかわラーメン昨年の12月にできたお店です。知人から割引券を頂戴していたのですが、期限がなんと2月28日まで!
ということで、慌てて行ってきました。
「酒場」とあるように、ラーメン専門店としてではなく、ラーメンをメインにした呑み屋。メニューには居酒屋さんおなじみの料理も並びます。

ラーメン酒場しらかわ チャーハンセット今日は呑みに来たのではないので、早速メインのラーメンを注文します。屋号を冠した「しらかわラーメン」を「チャーハンセット」(800円)にていただきます。

ごくごく基本的な京都ラーメンですね。豚骨・鶏がらで醤油ベース。麺はかなり細目のもので、色は白く弾力があります。チャーシューはバラ肉で、ご覧のとおり赤身と脂身が半々。ネギはかなり細かく刻まれています。煮卵が写真ではちょっと沈んでいますが、黄身が柔らかく仕上がっており、なかなか美味。胡麻が浮いていますが、デフォルトで振りかけられています。香ばしいです。

実に親しみのあるオーソドックスな一杯で、ほんのりと感じる京都ラーメンらしい甘味を感じながら、ペロっとたいらげることができます。

チャーハンセットのチャーハンには刻み海苔がまぶされております。珍しい。加えて一品がつくのですが、これが「肉じゃが」。居酒屋さんらしい。

ラーメン酒場しらかわ わさびラーメンちなみにこちらが同行者が注文の「わさびラーメン」なんですが、こちらはとても個性的な一杯。卸したワサビをスープに溶かし、いただきます。ちょっと想像がつかない展開です。基本的にラーメンのスープは獣骨の甘味か、唐辛子などの香辛料で辛いものと相場が決まっていますが、果たして合うのか...。

基本的には、和出汁ベースのスープのため、なるほど、そんなに悪くはありません。ワサビ自体もそれほど辛味がきついものは選ばれていません。それはそれ、面白い味でした。

ただ、ヒットするかどうかと言われれば...(^_^;)
面白いのは面白いです。錦糸玉子や鶏肉、ナルト、山菜、ネギ、海苔の彩りも鮮やか。お茶漬けでよくみられる「揚げ玉」がまぶされているのも興味深いですね。

ところで、この「しらかわラーメン」「京都ラーメン軍団さんの記事と比べるとだいぶ赴きが違う。開店後しばらくして、修正を加えられたみたいですね。昔は白ネギが大きく切られ、しかもチンゲン菜らしきものも見られる。チンゲン菜は食べてみたいなぁ。

お店の人の友人と思しき人による紹介ページ。なんか楽しげ。

p.s. これで気持ちよくお店を後にできたらよかったのですが、お店に食材を搬入した車が知人の車に接触している...。(-_-;)
どうもこの人、お店の人の上司っぽいしゃべりなんですが、なんか横柄。指摘をしても謝ることもなく...。なんだかなぁ。


地図

【2006年2月28日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50401176
この記事へのコメント
いかがでしたか?白川ラーメン。
 最近京都で流行っている魚系ラーメンのひとつですが、このお店は、母体が割烹のようで、いわゆる「ラーメン屋さんのラーメン」とはちょっと毛色の違う雰囲気がありますね。
 麺・酒・肴と謳っているお店ですし、ゆっくりしたい気分もあるのですが、このご時世、バイクで移動している身では我慢せざるを得ません・・・
Posted by Archy at 2006年03月13日 09:46