2006年03月02日

すみれ(ラーメン小路) 味噌ラーメン

すみれ(京都ラーメン小路) 味噌ラーメンこの2月、京都ラーメン小路に出店した北海道「すみれ」。超がつく有名店です。
さてその味や如何に? 定番の味噌ラーメン(900円)をいただきます。
まず特筆すべきはスープ。ご覧の通りテカテカしていますが、これは表面をラードに覆われているためです。寒い地方のラーメン。このラードがスープを覆うことによって、熱の放出を抑え、いつまでも熱いスープを保持するために施されたエピソードは有名。いや、ほんと、スープからはほとんど湯気が立ち上がりませんが、めちゃくちゃ熱いです。これから食べようという人はご注意ください。ヤケドします。ていうか、ヤケドしました。(T_T) (博多一風堂河原氏プロデュース「五行」でもヤケドしたなぁ)

さて、熱いだけが特徴ではありません。ラードの下に見えるのは、味噌のスープ。ベースは豚骨と数種類の野菜が煮込まれているそうですが、なかなか芳醇な味わい。味噌のエグさはなく、適度な甘味と粒子状になった野菜のザラザラとした感覚を覚える本格的なスープです。美味しい。ラードも想像していたほど、しつこさに繋がることがなく、それも主体のスープがしっかりしている故と思われます。

面白いのが、その味噌のスープのさらに下です。レンゲで攪拌するとわかりますが、黒い層が現れます。醤油のタレに相当する部分なんでしょうが、それぞれが混ざり合わさることなく、一つの鉢の中で三層をなしているのです。けして混ざり合いません。上からレンゲで掬ったスープを落とすと、玉状になって遊離します。まるで理科の実験のよう。不思議です。(食べ終わった客が、スープをポタポタ落としている姿は奇妙だったろうなぁ...(-_-;) )

麺がまたまたイケています。もちもちとした太めの縮れ。小麦のふくよかな風味を十分に感じる代物で、濃厚なスープやラードとの相性も良い。ラードをそれほどしつこく感じなかったのも、麺が太くてしっかりしているからとも言えるかもしれません。

具材は細切れのチャーシュー、ネギ、メンマ。チャーシューがユニークですが、大きなお肉よりも、細かく刻まれたこのタイプのほうが、味噌のスープの美味しさを引き立てるような気がします。

すみれ(京都ラーメン小路) 明太子御飯こちらはサイドメニューの明太子ご飯(350円)。錦糸玉子がふわふわ柔らかくて気持ちがいい。(^^♪ 明太子も辛すぎず、サイドメニューとしてなかなかレベル高し。

ラーメン一杯に900円という価格は、駅テナントのお店という点を考慮しても高いことは間違いありませんが、相応に価値のある一杯と思います。なかなか頼もしいお店が入りました。京都の玄関に位置するフードテーマパーク。鎬の削りあいがますます厳しくなりますね。

地図

【2006年3月2日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50401186
この記事へのトラックバック
大学時代の友人と京都駅で再会。いっしょにラーメンを食べようと京都ラーメン小路を訪れると「すみれ」で限定の「カレーラーメン」(900円)というのを発見しました。
すみれ(ラーメン小路) カレーラーメン【京都ラーメン膝栗毛】at 2006年06月18日 03:43