2006年03月08日

新宿めんや風花 「塩とんこつかれーなラーメン」

新宿めんや風花 塩とんこつかれーなラーメン類稀な「塩ラーメン」で一世を風靡した「新宿めんや風花」。久しぶりの訪問です。ブログでは初出。伺うと一日10食限定という「塩とんこつかれーなラーメン」というメニューがあるではありませんか。「限定」という言葉に弱いラヲタの悲しい性(さが)。迷うことなく注文です。
新宿めんや風花 天然塩ラーメン同行者には、看板の「天然塩ラーメン」を注文してもらいました。やっぱり美味しいです。あっさりしているけど、もの足りないことは全く無く、まったりとした柔らかい塩の風味が前面に出ていながら、獣骨や和出汁もしっかりしているので、非常にまとまった比肩なき塩ラーメンです。


ここ「風花」さんは麺の太さを選ぶことができます。以前は細麺が好きだったので、今回は太いほうを食べてみようと考えていたのですが、この限定食「塩豚骨かれーなラーメン」では細麺でのみ調理されます。太麺は次回へのお預けですね。

カレーラーメンというと、新風館南の「ひゃくてんまんてん」で受けた印象が強く、後草津の「麺天神」など、カレーの辛さと穀物としての麺の相性が意外に好感が持てる例を多く体験することができました。が、ここ「風花」さんのそれは、それほどカレーを前面に押し出したものではなく、「カレー風」のほんのりとした風味を楽しむ程度の使い方をされています。基本は「塩とんこつ」なんですね。

そのスープですが、豚骨そのものはライトな仕上がり。いまや豚骨は「こってり」でなきゃダメと思われる風潮があるなかで、逆を行くスタイルです。むしろ、お店のこだわりであり続ける「塩」を如何にうまく応用できるかと試みられた「塩とんこつ」と思われます。

大人なスープもさることながら、その具材には目を見張るものがあります。ジワっと煮汁が染み出る巻きチャーシューは、厚さもあって圧巻。同行者も、こんなに美味しいチャーシューは食べたことがないと絶賛していました。加えて、煮卵、海苔、ホタテ、アスパラガス。単にラーメンのトッピングとして珍しいものが乗せてあるというのではなく、それぞれにきちんとした下処理がなされて和えられており、やはり「風花」さんの面目躍如です。また仕上げにまぶされる糸唐辛子が彩を添えます。

縮れ麺は、スープを纏い、小麦のふくよかな風味が一層引き立ちます。屋号にあえて「めんや」と冠される所以です。

いやー、やっぱりすごいお店ですわ。

地図

【2006年3月8日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50481182
この記事へのコメント
この前行ったら、休みだったのか閉まってました。
早く行き過ぎたのかな?
食べれたatさんがうらやましいです。

この次はかならず食べてレポします。
Posted by 赤ちゃり at 2006年03月29日 01:38