2006年03月23日

めんや 和月

めんや和月3月は新店のラッシュが続きますね。堀川今宮を上がってしばらく、「めんや 和月」へ行ってきました。
お店は道路のある高さから何段か階段を降りた半地下に相当する場所にあります。ラーメン店としてはあまり好ましい店構えではないでしょう。特に女性にとっては中の様子が見えにくいのは入りづらいですし、またお店の厨房設備を見ても、排気のダクトが表に大きく迫り出しており、苦心されている様子を伺います。この不利な条件を、勝負どころのラーメンでいかに挽回できるか、楽しみです。

注目なのが「白醤油」を用いられている点です。醤油に拘ったことを全面に打ち出すお店は何軒かありますが、あえて珍しい「白醤油」を使用されるラーメンは食べたことがありません。写真でもその「白さ」が見て取れます。

看板の「白醤油ラーメン」に煮卵をつけて(700円)いただきます。

「白醤油」という素材と和出汁を使用していることから、相当に「あっさり」したものを想像していましたが、意外に食べ応えを感じます。鶏がらもじっくりと出汁を取られ、また背脂も振りかけられるところから感じるものだと思います。

麺は細めのもので、もっちり感もあり、スープとの相性を考慮しての選択でしょう。

具材にはネギ・メンマ・チャーシューのほか、木耳が入っております。白いスープに黒い木耳。意識されてのことかわかりませんが、九州系のラーメンならいざ知らず、この手のラーメンには珍しい具材をあえて選らばれていることを考えると、その彩の妙を狙ってのことでしょう。煮卵は、差額100円に相当するだけあって流石に美味しいです。

めんや和月 チャーシュー丼ついでに「京都ラーメン軍団」さんの掲示板に
「ごはんが美味しい」とあったので、「チャーシュー丼」もオーダー。ラーメンとのセットはお昼だけと店内の掲示にはありましたが、訪れた夜の営業でもセット対応でいただきました(1,000円)。なかなかのボリューム。チャーシューは流石に「白醤油」ではなくて、普通の醤油で味付けされておりましたが、相対的に感じるためか、一層タレの甘辛さが伝わって参ります。ネギの青さと海苔の香ばしさがいい塩梅♪

地図

【2006年3月21日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50530370
この記事へのコメント
ごはんは未食ですが、良い米を使用されており、かなりこだわりをもってられてます。

物足りなさをカバーする為に寸胴に背脂を放り込んだりと、色々試行錯誤されている姿勢に応援したくなりますね。
Posted by 石田 at 2006年04月12日 23:22
石田様

どもです。(^^♪

「寸胴に背脂」ですか!そんな大胆なことしてはったんですね。

素人考えで恐縮ですが、2種類のラーメンを提供されてはどうかと。

現在のラーメンは、あくまでも「白醤油」を主役にした「あっさり」の線で行くもの。石田さんもご指摘の通り、近隣の「日本一」「天龍」そして「はせ川」とは系統が重複しないオリジナリティを表現します。

もうひとつが、一般的に支持の高い「こってり」系。白醤油のタレが逆にそれをサポートする裏方に回るという代物です。

そんな簡単に行くものではないでしょうが、滋賀瀬田の「ととち丸」さんでいただく機会が多いので、そんな使い分けは魅力的と想像しました。

ま、出汁を二種類とるだけで相当な仕事量になっちゃうんですが...(^_^;)
Posted by at_you_see at 2006年04月12日 23:50