2006年03月27日

飛騨高山ラーメン桔梗屋

飛騨高山ラーメン桔梗屋こうしてブログでラーメンのことをつらつらと書いていると、そのことを知っている友人がちょくちょくご当地ラーメンをお土産で買ってきてくださるんです。ほんとに感謝。m(__)m

今回は信州へスキーへ行ってきた友人が、途中の高山で買ってきてくれました。「桔梗屋」さんです。
飛騨高山ラーメン桔梗屋一人寡の寂しい自炊ですので、具材は全く無視してください。また99SHOPで購入したネギとチャーシューですから...。

澄んだ醤油ベースのスープに、細目の縮れ麺。あっさりしていると思いきや、意外に動物系の油分も結構感じます。出汁のメインは鶏がらですが、ラードのこってりさもかなりのもの。魚介系の出汁も取られているみたいですね。

麺は細目の縮れ麺です。これがなかなか美味しかった。しっかり小麦の風味を楽しめます。スープとの絡まりもいいし、適度な歯ごたえとちゅるちゅるとした喉ごし感もあって美味しくいただけました。

信州は蕎麦文化の花開いたところ。その基底があったからこそ、中華麺を製造するに当たっても、水準の高いものを生み出せたことは想像に難くありません。

思えば、高山は未だ未踏の地。永年に渡って読み続けている(読み切れていない)『夜明け前』の舞台、馬籠・妻籠も訪れてみたいので、この夏休みにでも行ってみようかな? (GWは既に別の訪問地を決めているのです)

【2006年3月27日実食】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50545575
この記事へのトラックバック
2色入りなので、残っていたもう1食分を実食。前回のエントリはこちらを。
飛騨高山ラーメン桔梗屋【京都ラーメン膝栗毛】at 2006年06月04日 20:38