2006年04月07日

らぁめんつづら

らぁめんつづら「らぁめんつづら」を訪れました。
らぁめんつづら 箱庭「ラーメン」と綴らず「らぁめん」とされているのは、提供されるものが和出汁を前に押し出した和風のラーメンであることから。店内に入ってまず驚かされるのは、その装飾。テーブルにはガラス張りで日本庭園を擬した「箱庭」が作られています。おしゃれです。デートで入っても遜色ないでしょう。

注文は基本の「つづらのらぁめん」(650円)。プラス200円で「から揚げセット」にしてもらいました。

尚、メニューには定番に「にごりトンコツらぁめん」(750円)があり、季節限定として「こってりトンコツらぁめん」「"ピリ辛"みそらぁめん」「塩とんこつらぁめん」(各800円)があります。セットメニューには「ご飯」「あらびき」(ソーセージ)「ぽん唐」などが揃えられ、どのラーメンでもセットができるよう、「プラス○○円」として選べるようになっています。この辺りは安直かもしれませんが、わかりやすくて個人的には好きです(セット好き故に)。

から揚げは、いかにも中華料理屋や多くのラーメン屋で見られるような派手な衣がつく形態のものではなく、あっさりと薄めの衣です。ただし味付けは香辛料系が意外にしっかり。塩でいただくようになっていますが、青海苔が混ぜられているところなど工夫を感じさせます。

ご飯には、控え目に「ふりかけ」が塗されています。お店ではあまりみかけることのない「ふりかけ」ですが、なかなか彩りもあって愉しい。また「香の物」として、胡瓜の紫漬けと細切りの沢庵がつき、これもまた彩りを意識したチョイスと思われます(デジカメの電源が切れてしまい、写真に収めることができなくて残念)。

さて本題の「らぁめん」ですが、看板どおり、シンプルな和出汁のラーメンです。いわゆるWスープなんですが、一般的に想起されるそれです。鰹の香りが強いなぁと思っていたら、いみじくも2日前に食べた「味蔵ラーメン」同様「鰹節」そのものが塗されておりました。鰹節のほか、鯖節や鯵節なんかもつかわれているそうです。
あと気になったのは、以外に胡椒の香りを感じました。スープが淡白なだけ、香辛料で味を調える必要があるのでしょう。
トッピングには、京都の他店では珍しいナルト。メンマはよくみかける味付け。海苔は、こうした和出汁のラーメンとの相性が良いですね。青々としたネギ。チャーシューは脂身が少なく、さっぱりした部位を使われています。あっさりとしたラーメンと非常に相性がよいです。

ちなみに麺ですが、「夜麺」と題して、夜の営業のみ「ちぢれ麺」を選ぶことができます。たしかにスープとよくからみ、太くて弾力もあって美味しくいただきました。

これだけ「あっさり」に拘られているお店です。にもかかわらず、「限定」と掲げられている「こってり」が一体どんなものなのか、試したくなりました。

地図

【2006年4月7日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50561512