2006年04月10日

百年屋 つけ麺

百年屋 つけ麺「百年屋」さんの「つけ麺」(700円)はまだ食べたことがなかったのです。自家製麺に拘る同店。最近、つけ麺に対する興味が湧いてきたので、期待に胸が膨らみます。
百年屋 つけ麺(アップ)麺はかなり細めなんですね。艶があり、弾力があります。さすが一日の長があります。つるつるとすする喉越しが快感。

つけ汁は、普通の塩よりも濃い味付け。熱さで気がつかないがかなりしょっぱいのですが、岩塩特有の丸みのある塩味なので、力強い塩味が好みの人には、うってつけのつけ汁でしょう。鶏の出汁は、その旨味を存分に発揮させています。スープわりってできるのかしら?

メンマはかなり甘い味付けです。全体があっさりとしているのでアクセントを持たせるという意味においては良いですが、やや浮いた印象は否めません。チャーシューも細切り。青々としたほうれん草が、つけ汁に浸されるとほどよい塩味を纏い、なかなか美味しいものです。

定食で注文したんですが、から揚げと焼飯がついて、その価格880円。系列の熊五郎チェーンと同じものみたいで、それほどこだわったものではありません。が、プラス180円で、これらがつくわけですが、そのバリューさに驚きです。

地図

【2006年4月10日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50563630
この記事へのトラックバック
カレーつけ麺の情報をいただき、早速いってきました。 カレーらーめんはいくつか食べましたが、カレーのつけ麺は初めて。 注文して、早速でてきたのはご飯とセットのもの。 このお店のつけ麺は通常2玉分の麺が入っているのですが、 これはどうみても1玉分。 ご飯を....
上方ざんまい屋のカレーつけ麺(下京区)【京都カレー三昧記】at 2006年11月30日 23:59