2006年04月22日

天天有(本店) チャーシューメン

天天有(本店) チャーシューメン久しぶりの訪問です。一乗寺の老舗「天天有」。
思い起こせば僕がラーメンにはまったきっかけは、通っていた高校教師が授業時間にこの「天天有」を絶賛していたことに始まるといえるかもしれません。大の大人が、しかも授業中に、それもラーメンという外食の中でもジャンクな部類の食べ物について愛情を込めて語る。なんとも印象的な話でした。

いただいたのは「チャーシューメン(並)」(700円)。それにしてもお肉たっぷりです。(^^♪

鶏がらベースでありながら、こってりと程よい粘性を保ち、相当甘めなスープ。加水が低めの細いストレート麺が、その甘いスープをたっぷり掬ってくれます。チャーシューもまた、脂身が少なく、スープをたくさん吸って、肉の旨味とスープの甘味を堪能しながらいただくことができます。

流石老舗の貫禄。

そんな「天天有」も今や二代目の代。うれしかったのは、カップ麺の表紙にもなっているあの大将が、今宵はちゃんと厨房に立ち、軽やかな手つきで麺揚をしながら、「ありがとうございました!」と声を出しながら、日常の業務に勤しんでおられました。その光景を見て、「あぁ、天天有は大丈夫だな」と思えてきた次第です。

お店も改装を経て、随分綺麗になりました。テーブル席が設けられましたが、なぜか8人掛くらい横に長いのはご愛嬌。(^^ゞ
きっと団体さんの来店が多いからかな?

ちなみに、今京都・滋賀に次々とオープンしている新「天天有」さんは、本元とはちょっと違うみたいです。

地図 

【2006年4月22日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50563645