2006年04月22日

亜喜英 豚バラ焼肉ハーフセット

亜喜英前回訪れたときに耳にした「麺が代わった」というお話。これを確かめるべく、今日は友人3名を連れて亜喜英さんを訪れます。ちょうど二ヶ月ぶりの訪問です。
スープや他の具材は、相変わらずの万全な状態です。本来は珍しいはずの「山くらげ」や「豚角煮」にもすっかり慣れてしまいました。でも、ほんと美味しいなぁ。熟考を重ねられたであろうこのスタイル。もはや亜喜英さんの純然たる一ブランドです。(^^♪

亜喜英 豚バラ焼肉セット今日は今まで食べたことがなかった「豚バラ焼肉」とのセット(880円)。驚いたのはこの焼肉、直に火で炙って供されるんですね。だから火にかざされ、こんがりと焼色が入る間中、店内に豚の焼けるいいにおいが立ち込めます。タレも甘辛さがちょうどよく、ご飯に乗せて食べるとなんともいえぬ快感に身が捩(よじ)られます。

さて麺です。以前の麺は、確かにあの粘度が高く研ぎ澄まされた、純度の高いスープに比べると、やや凡庸の感がありました。これが新しいものは、麺の小麦そのもの風味が感じられ、むっちりとした弾力の力強さがあり、麺そのもののポテンシャルが上がったことは、紛うことのない事実です。

ただ一方で、スープとの絡みという点で見ると、これが意外に以前のもののほうが掬っていたかなぁと感じられるのです。

確かに好みのものですが、スープとの相性というのは、実に重要な要素です。下手な喩えですが、以前にこのブログでも挙げた来来亭。麺もスープもたいしたことないですが、これが合わさるとそれなりのクオリティを持つのです。得てして、世間的に成功を収めているのは、原価率が高い高級品であつらえたものではなく、ほどほどのものだけど、全体的なバランスが極めて高くまとまっているものです。これはラーメンに限ったお話ではありません。

だから、現在の麺と亜喜英さんのスープの組み合わさり方が最高の状態とは、まだ言えない気がします。心強いのは、大将がそのことを認識していて、どう克服するかの挑戦を続けられていることです。頼もしい限り。麺屋さんと二人三脚、ずっと応援して行きたいと心に誓いました。

いちなんライブ実はこの日、「亜喜英」さんからほど近くの焼肉「いちなん」さんで、アイリッシュミュージックのライブが催されました。土曜日の昼下がり、のんびりした雰囲気の中、優しいフルートとアイリッシュハープの音色がとても心地よかったです。

実はこのライブ、実現には僕も少し関わっていました。ほんとは、このブログでも事前告知をしたらよかったのですが、いろいろバタバタしていて、ブログの更新もままならぬまま、事後報告になってしまいました。関係者の方、申し訳ありません。m(__)m

でも、会場はびっしりの人で盛況。中休みの時間に提供されたクッキーもすごく美味しくて、みなさん楽しまれたことと思います。演奏者のハタオさん、Kumiさんのお二人、ならびに「いちなん」さん。どうもありがとうございました。\(^o^)/

【2006年4月22日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50563646