2006年04月23日

西尾八ツ橋茶屋 西尾そば(お塩)

西尾八ツ橋茶屋 西尾そば(お塩)四条通に面した一角の京菓子屋さんで、なんとラーメンが出されるようになりました。「西尾八ツ橋」さん。場所は南座から東へほどなくのところ。半地下の一階は土産物屋さん。二階にそのお店があります。
記事本文の執筆が遅くなりました。先にコメントいただいたArchyさんが的確にご紹介されておりますので、どうぞそちらをご参照ください(って他力本願な管理人^^; )。

ぼくがいただいたのは「西尾そば(おしお)」ですので、若干入っているものがかわっていますね。「おしお」には炙られた麩ではなく、半熟の卵がつきます。こんなところの変化がうれしい。鶏肉は同じですが、和風に味付けされている割には、ややこってりとした味付けとなっていて、製作者のセンスのよさが見受けられます。安直にチャーシューを用いるのではなく、和風を維持するために鶏肉を選んでいる。一方でラーメンのトッピングとして必要とされる充足感が促されるよう、甘口ながらこってりとした味付けにと工夫されているわけです。

これに人参と大根、お揚げも加わります。人参の細切りは好印象。得てして赤系統の食材が入りにくいラーメンですが、彩りを考えるとどうしても避けては通れない色彩。最近は糸唐辛子を用いるものをよく見かけますが、もっと身近な人参は、彩りばかりでなく、ほのかな甘味もあり、もっと評価されてもよい食材と思います。個人的に好きな野菜でもあるんですけどね。

麺は白く細いにゅうめんのような食感。コシや風味云々というものではありませんが、これはこれで「あり」だと思います。

面白いのは松の実。さらにはやや大きめのものもあり、聞いたところによると「蓮の実」とのこと。あまり食べることのない食材ですが、木の実系の独特の滋味のある香ばしさが面白く、こんなアクセントが手の込んでいる様を演出しています。意外に合いますね。

西尾八ツ橋茶屋 西尾そば(おしょうゆ)こちらが友人(Archyさんではありませんよ(^_^;))が食べた「おしょうゆ」。焦げ目のついたお麩が印象的ですね。

確かにこってりしたガツンとくるラーメンではありませんから、いわゆるラーメンらしいラーメンを欲する人には薦められないものです。とはいえ、京都を旅行して、ちょっと食べる京都っぽい(あくまでも観光客の人が感じるですよ)ラーメンとして見られる分には、十分に価値のある一品であると思います。そういう視点に立てば、つい先日先斗町に出店された宝屋さんの先斗町すましラーメンを思い出しますが、個人的には断然この「西尾八ツ橋」さんを推したいと思います。ラーメン屋さんの挑んだ京風ラーメンよりも、京菓子屋さんが生み出した京風ラーメンのほうに軍配を上げるというのもラディカルなことですが、食材の選定から、甘味処の一品として出すコーディネートから、総合的に考えると、「西尾」さんのほうが極めて洗練されていると感じるからです。京風ラーメンだけど京都のラーメン屋さんがやるから許される...という主旨のことを書きましたが、これもまた京和菓子屋さんだから許されるものといえるかもしれません。(^^ゞ

ちなみに、ぼくがいただいたセット(1200円)についていたお菓子は黒胡麻の生八ツ橋でした。最近流行ってますよね。結構好きです。(^^♪
蛇足ながら、八ツ橋屋さんって、こんなにいろんな屋号のお店があるのかって改めて知りました。京都駅の中央口出てすぐ左側、伊勢丹の入り口手前のお土産物やさんにずらっと並んでいることに気がつきました。各社それぞれちょこっとずつ扱っている商品が違うんです。面白いですね。

地図 お店HP

【2006年4月23日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50563651
この記事へのコメント
atさんの居ぬ間のなんとやら・・・(笑)
 西尾そばの「おしょうゆ」をいただきました。
 atさんが召し上がった「お塩」といい、「お」が何とも「お」上品であります。
 さて、スープは、透き通った鶏がらベースで、やや魚の風味が感じられる、やさしい味わいのもの。
 ここに細麺が入っていますが、「甘味処」であるせいか、チョッピリ量は控えめ。 具は、甘めの味付けで炊かれて片栗の衣がつけられた鶏肉と、水菜、炙り目がつけられた生麩、そこに松の実が浮かべられています。ちょっと鶏肉の甘みが強いかなぁという感じですが、全体としてアッサリした味わいにまとめられています。
 いやいや、いかにも「京都らしい」つくりですね。
 それから、おまけにお菓子が付きます。今日は「白ゴマあんの生八橋」でした。お菓子をいただいてお茶を飲んでホッと一息つく、いやぁ、やっぱりおやつですね。
Posted by Archy at 2006年05月01日 15:52
Archyさま

ご解説ありがとうございました。
都合よく使わせていただきました。(^^)v

感謝でございます。
Posted by at_you_see at 2006年06月05日 03:51
at様
 いやいや、どうぞご遠慮なく。
 そうそう。赤い食材といえば、別の板にも書きましたが、錦林車庫の近くのParadeさんは、なんと赤ピーマンを使っています。
 日本人の口には余りなじみが無いので、個人的にはちょっと・・・ではありました。
 おっと、だからといって、ダメというわけではないんです。まだまだ未完成の状態ですから、今後変わってゆくと思います。
 定点観測しようと思っているお店です。
 atさんも是非一度どうぞ。
Posted by Archy at 2006年06月05日 20:28
営業時間でなにかと話題を振りまいている(?)同店ですが、ぼくもその内、赴いてみたいと思います。

Archyさんをして「定点観測」とまで言わしめるくらいですから、それなりに光るものがありそうですね。

きっとはじめての開業で、慣れないところなんかもあらはるんでしょうか?

落ち着いた頃(開店2,3ヶ月目かな?)くらいに、行ってみようっと。
Posted by at_you_see at 2006年06月15日 02:26
 いやいや、新しいお店は、大体、開店から1週間程度たってちょっと落ち着いたところで1回、1ヶ月程度たってもう1回、そして半年後くらいにもう1回と、3回くらい見ないとわからないですよね。
 もちろん、1回目からアウト!なお店は論外ですが、行くたびにおいしくなってゆくお店(かつての「たんぽぽ」さんはそうでした)もあれば、逆に行くたびに・・・なお店もありました。
 Paradeさんは、どうなりますやら。
Posted by Archy at 2006年06月16日 20:56
願わくばそうありたいですが、なかなかねぇ。(^^ゞ

半年くらい経った「笑福屋」さんへ再訪したいです。
こちらは、間違いなく、1週間、1ヶ月、半年ペースで訪れることになります。
Posted by at_you_see at 2006年06月19日 05:23