2006年04月29日

豚とろ

豚とろ @鹿児島市やっと出会えたという感じ。このラーメンなら、遠路はるばる食べに来た甲斐があったと納得できるラーメンです。
十名ほどが行列を成していましたが、さすがその辺りは実力を表していると思います。久留米系というほどではないけれど、豚骨の出汁はしっかりと取られていて、豚骨独特の臭気を感じる佇まいは、ラーメン好きにはたまりません。素直に美味しい♪

麺は低加水で角断面。スープをしっかり受け止めます。丁寧に取られた豚骨スープの証である気泡もしっかり認められます。具材は、小ネギ、焦がしネギ・タマネギ、きくらげ。チャーシューはほろほろと柔らかく及第点。豚の本場の本領発揮です。

餃子も美味しく鹿児島産の豚肉がぎっしり詰まっているのでしょう。大きさの割にはずっしり重く感じましたし、噛み締めると肉汁が一般的なものよりもたくさん口中に溢れ出てきます。旨味たっぷりです。

やや化調味が強いのが残念です。入り口横から厨房が望めましたが、やはり入れられている量が多い。そんなに入れなくても...と思うのだけど、鹿児島のスタンダードはこんなものかもしれない。

地図

【2006年4月29日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50572179