2006年04月30日

我流風 豚とろ炙り焼きらーめん(1日30食限定)

我流風 豚とろ炙り焼きらーめん(1日30食限定)鹿児島随一の繁華街の中心に位置する天文館。アーケードのあるそのメイン通りに面して、このお店はあります。関東のフードパークなどへの出店が精力的ですが、ここがその本店なのです。
我流風 @鹿児島市実は前日の夜も訪れています。どのお店に入ろうか相当彷徨っておりましたが、意を決して入店したのが同店。ところが、限定の上記メニューは売り切れ。ここは妥協して、次点の「特製とろ肉らーめん」(880円)にしようかと気持ちも揺らぎましたが、敢えてお店の人にオススメを伺うと、やはりこの「炙り焼〜」が良いとのこと。お店の人の提案もあって翌日に訪問としたわけです。しかし目の前の客が翌日も約束を守って来店するかどうかもわからないのに、そこまで言ってくれたことに、なおさら好感が持てます。

ちゃんとやってきましたよ〜。(^^)/~~~

さてさて実食。

とにかくチャーシューが美味い!O(≧∇≦)O

とても分厚いながらも、ホロホロと崩れるくらいに柔らかく煮込まれたチャーシューが、オーダーを受けた後に火で炙られ、香ばしい匂いを纏いながらラーメンの上に乗せられ運ばれてきます。これは単にラーメン好きな人に限らず、旅で鹿児島を訪れるすべての人に、特産の黒豚を堪能するという意味において、極めて進めたい一品です。930円という価格はけして安くはありませんが、損はいたしません。

具材は白ネギ・青ネギと焦がしネギという三種類のネギ。煮卵、メンマ。麺は九州では珍しいなぁと感じる、もっちり感のあるやや加水の多い中太の麺。なかなか美味しい。

スープは濃厚というほどではないけれど、しっかりとした豚骨のスープ。最後まで飲み干して気がつきますが、底には鹿児島ラーメンには珍しく刻んだニンニクが沈殿しています。スープの表面には香味油が垂らされ、はじめはややしつこさを感じるのですが、タレは基本的に醤油であるため、口が慣れてくる頃には醤油独特のキレを感じさせ飽きさせません。さらに飲み進めると、今度はニンニクのスパイシーな香りが一気にクライマックスへと誘う、という物語をもっているんですね。よくできたラーメンです。

ご当地のラーメン店としては、新参の部類に属するお店でしょう。流石勝ち残ってきただけのお店であり、最近のトレンドを鑑みても十分に批判に耐えうる、相当レベルの高いお店でした。美味しかったです。(^^♪

地図

【2006年4月30日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50576800