2006年05月05日

青葉 中野本店

青葉 中華そばWスープを名実共に定着させた有名店。中華そば(650円)をいただきます。
青葉 外観思い返せばこのブログを始めた当初、新聞沙汰になったこのお店の一悶着の記事をピックアップしたことがあります。その後はどうなったんでしょうね?

それはさておき、こちらも大人気の行列店。ただお店はカウンターのみの十数席で、従業員の方も所狭しと動き回っています。外観の写真でも雰囲気が伝わると思いますが、真ん中に厨房があって、その周りを席が取り囲む。客席側には壁がなく、大阪の金龍みたいな感じといえば伝わるでしょうか。

さてラーメン。見るからに東京のラーメンですよね。魚系出汁の臭いがプンプン漂っています。

でも意外に動物系の脂質もたっぷり。ラードなのかなぁ。結構しつこさを感じます。それが太い縮れ麺に絡まり、かなりのヴォリュームになります。

そんな鉢の中で、自家製の支那竹とナルトは、一種の箸休め的な存在で、さっぱりとさせる役割を果たしています。魚系出汁と相性のよい海苔は、味付けこそ濃いものの、スープそのものが油っこいので、それを抑える意味において嫌味にはなりません。磯の香りが脂分を中和してくれます。

個人的には、やっぱり油気を強く感じてしまいます。全くの空腹状態なら、ボリュームがあってよいのかもしれないので、あくまでも僕のそのときの状態のせいかも知れませんが...(^_^;)

ただ、脂分の中和剤としての刻みネギがもっとたくさん入っていたら良いのになぁというのが感想であります。

地図

【2006年5月5日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50583381