2006年05月06日

光麺 恵比寿店

光麺 熟成光麺カップ麺にもなって全国区の知名度を誇る同店。読み方は「コウメン」なんですよ。「ひかりめん」ではありません。

その恵比寿店を訪れました。なぜこのお店が選ばれたかと言えば...
光麺恵比寿店2階シアターなんと店舗の2階がシアターなんです!
大きなスクリーンには映画や音楽のPVが流されておりますが、光麺自身のPVも映し出されます。これがまたカッコイイ。スティービー・サラスっぽい音楽にのせて、マトリックスやキルビルを髣髴とする映像作品。「やりすぎ」です。メンバー一同唖然。画面に釘付けで、席に座ることも忘れていたほど。一流の店舗デザイナーと映像作家。これが本当にラーメン店なのか!?驚愕です。

さてラーメンですが、「熟成光麺」(730円)を注文。豚骨鶏がらベースのラーメンです。

麺は、屋号に掲げるだけあって自信の麺なのでしょう。太めの縮れ麺。ただ個人的には、縮れ方も控え目で、いまひとつ訴えてくるものは感じられません。

光麺 元祖光麺スープもちと残念。ヴィジュアル的に白濁した姿は、こってりとした旨味を期待させますが、京都でもよく見られるセントラルキッチンのそれと同じ雰囲気で、いまひとつインパクトに欠けます。背脂もちょっと入りすぎ。

ちょっとだけ味見させてもらいましたが、「元祖光麺」のほうがビシッときまった醤油が感じられます。

チャーシューは焦げてました...(^_^;)
一番端っこの部分が入っていたのだけど、「ガリッ」て口の中で音がしてましたよ。

光麺 恵比寿店 外観チンゲン菜はうれしいですね。中華料理でよく使われる野菜ですが、余分な脂分を吸ってくれて、シャキシャキとした食感も良いです。ラーメン店でチンゲン菜を使うお店はそう多くありませんが、背脂など脂質を多く含むラーメンには、結構相性のよい具材だと改めて感じました。

今や都内に10点を擁する人気店。他府県への出店も計画されているんでしょうか?

地図 お店HP

【2006年5月6日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50592020