2006年05月06日

六坊 -ROKU BO-

六坊 ラーメン昨日訪れた渡辺樹庵氏のもうひとつのお店。高田馬場早稲田口を出て、早稲田通りを進み、道沿いのそのビルはあります。
六坊 外観「ROKU BO」と壁面に銘打たれたそのビル。まるでブティック。ポストモダンを思わせる建築の中に進んだ先の店内は暗く、カウンター席のみ10席ほど。樹庵氏のブログでいつも拝見する「お遊びラーメン」がこの空間で催されるのか。勝手に思い描いていたものと比べて圧倒的に小さいので、その意外性に驚きを禁じえません。

奥には、やや明るい照明のため、設けられた製麺室が浮かび上がります。装飾過多ではないけれど、神秘的な空間。そこが今最先端のラーメンが次々と生み出される、「孵化場」のように、合理的に質実なつくりであっても、きっとどこか誕生を司る厳かな空気を感じさせるからなのでしょう。

ラーメン(700円)の食券を購入し、着席。期待に胸が高まります。

意外に垢抜けた丼の柄。古伊万里を彷彿とする鮮やかな蒼。ラーメンの器にこの色を選ぶことは、そうそうありません。かろうじて知っているのは大阪の「きんせい」さんくらい。ここからして稀者の風格が漂っています。

スープは、これまた和出汁独特の旨味を感じるものですが、豚骨系の脂分も十分に感じるもの。ただし良質。もたれません。「渡なべ」よりも、馴染みがあり、変な表現だけれど、より「ラーメン」らしい(ラーメンなんですが...(^^ゞ )。

支那竹がこれまた独特。かんぴょうと見まがう程の細長さで、おもわず「まさか」と勘ぐったくらいですが、色艶から判断するに、れっきとした支那竹。芸が細かい。

麺は超極太。超低加水。極限を目指したかのような麺です。凄まじい。
ただこれは、味的な部分は、再考を要します。この極限を面白いと感じるか、あまりにぼそぼそさを感じ、やりすぎだなぁと感じるか。

僕は観光客なんで、前者でも十分満足ですが、周辺から利用する人にはどう映るんだろう。意外にヤミツキになってたりして...。

まぁとことん常識に挑んでいるお店です。
それでいて、「ラーメン」の範疇をしっかり守っている稀有な作品。

極めて芸術性の高い楽曲でありながら、一方でPOP(大衆)であった、Beatlesを引き合いに出すと大袈裟でしょうか。
控え目に、個人的に大好きなXTC、Andy Partridge先生を掲げておきたい。そんな凄いラーメンです。

(オタクな表現でスミマセンm(__)m)

地図 

【2006年5月6日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50593059
この記事へのトラックバック
高田馬場の人気店「渡なべ」様々な店舗を手掛けるオーナー渡辺氏の新店です〜 先日閉館してしまった渋谷の麺喰王国にも「keiz」という店を出してたのは記憶に新しいですね〜 濃厚な豚骨スープと聞いて、どんなだろ〜?と期待してやってまいりました(^O^)v 先客は2名、券売機...
TOKYO NOODLE六坊( 高田馬場) 新店【音・麺・酒】at 2006年05月23日 14:47
味が変わったという高田馬場の六坊に 行って来ました。 お店に入ると12時過ぎにも客がいませんでした。 苦戦しているようです。渡なべは店外に行列が 出来ていました。 さて変わったというラーメンですが、開店日に 食べた物とは結構変わっています。 大きい変更....
六坊@高田馬場【たけひこのラーメン全国食べ歩き】at 2006年05月24日 00:50