2006年06月16日

よってこや 南草津店

よってこや 屋台味らーめん京都発祥のラーメン店でありながら、食べたことがなかった「よってこや」。それもそのはず、京都発祥とはいえ、現在のところ京都にあるのは伏見桃山にある一店のみ。「寶海」の帰り道、せっかく車で来たんだからと寄っていくことにしました。
基本の「屋台味らーめん」(650円)をいただきました。

ヴィジュアル的には純粋な京都ラーメンという風体ではありませんが、それはデフォルトでかかっている煎り胡麻と、木製のレンゲのせいでしょうか。あともやしも入っています。ちょっと細め。それらの要素を除くと、具材はチャーシュー・ネギ・メンマという、確かに京都のラーメンのスタイル。

スープは豚骨、鶏がらをじっくり煮出したスープ。それなりに粘性も保っており、表面も冷めてくると膜が張ってくることから、もみじなどゼラチン質がたっぷり入っている素材も使われているみたいですね。

麺は細いストレートで、結構多加水。つるつるいけますが、スープがそれなりにとろみがあるので、ほどよく絡んでいます。

デフォルトで胡麻がかかっていることを評価しない向きはあるでしょう。僕は結構好きなので、香ばしい味付けとして、すんなり受け入れられます。全体的に強烈なインパクトを持つ素材がないので、相対的に胡麻の存在感が浮き出ている感がありますが、ラーメンそのもの印象を覆すほどではないので、好意的に受け止めます。

全国100件ほどの大きなチェーン店ですが、すべてのお店でこの水準のラーメンを出せているとすれば、それはそれですごいことですね。普通に美味しくいただけました。(2杯目なのに...(^^ゞ)

京都という土地柄でチェーン店としては、それほど話題に上がるお店ではありませんが、それも京都に一店しかないからなのでしょう。めちゃくちゃ旨い!という感動はないかも知れませんが、無難に美味しいラーメンです。訪れた9時ごろの店内も結構の人で賑わっています。そんな肩肘張らないスタールのラーメンがかえって人気の秘密かもしれませんね。一方で限定のメニューにも注力されています。現在は「炙り牛かルビの冷やし中華」。HPのクーポンを持参すると通常780円のところ、490円でいただけます。仕事帰りにまた行ってみようかな?

地図 お店HP

【2006年6月18日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50620853
この記事へのコメント
どもです

 あれ?よってこやさんって京都発祥でしたっけ?
 私の記憶では、大阪王将の系列だったのでは?
 伏見のお店も、むかしは回転寿司だったと思います。

 とりあえず「ツッコミ」入れときます。(笑)
Posted by Archy at 2006年06月18日 18:39
あんまし詳しくないんですが...。

とりあえずHPの創業者のプロフィールを見ると京都生まれで、屋台を引いていた経験をお持ちのようです。ラーメンのスタイルも京都ラーメンそのものですしね。

チェーン店としては、まさしく大阪から出発でしょね。店舗の数を見ても明らかです。

来○亭にせよ、よってこやさんにせよ、京都外から京都ラーメンの全国チェーンが出てくるという状況は、どんなもんなんでしょうね?
Posted by at_you_see at 2006年06月19日 05:16