2006年06月03日

すみれ(ラーメン小路) カレーラーメン

すみれ(京都ラーメン小路) カレーラーメン大学時代の友人と京都駅で再会。いっしょにラーメンを食べようと京都ラーメン小路を訪れると「すみれ」で限定の「カレーラーメン」(900円)というのを発見しました。
初訪問のとき、北の大地で育まれた、いかにもご当地の魅力に包まれた「味噌ラーメン」に感動を覚えた「すみれ」ですが、限定でカレーラーメンをされています。

もっちりとした多加水の縮れ麺は同じ。間口の大きな器にたっぷりのスープが圧巻です。そのスープは味噌と香味油ではなく、カレーと合わさり、赤みを帯びた茶色が佇んでいます。純白の器とのコントラストが美しいですね。

しかし、このカレー。相当辛いです。辛さの種類にもいろいろあるでしょうが、まさしくカレーの辛さ。だからカレー好きな人には受けがいいかも知れませんが、あまりにもカレーが勝っています。しかも味噌ラーメンと同様、激熱。ラーメンの麺、豚骨のスープ、チャーシューなどのトッピングに意識を向ける余裕が乏しくなるくらい「辛い」といえば、その辛さも一端を言い表せるのではないでしょうか?

具材は巻きチャーシューに、やや量の多いメンマ、ネギが少々。そのほか、ベビーコーン、卵、糸唐辛子、水菜。ベビーコーンなんて珍しいものが入っていますが、カレーのつけあわせとしては相性のよい素材でしょう。水菜や糸唐辛子は、いまやラーメンのトッピングとしては珍しい範疇のものではなくなった感があります。ただ、このカレーラーメンに合っているかといえば...。
ヴィジュアル的にはカッコイイですけどね。辛さが前面に出るスープですから、個人的には箸休めになるような水気の多い食材がトッピングされているほうが美味しくいただけると思います。辛さを和らげるタマネギなんかがいいかなぁ?

辛さが目立ったせいか、麺が些か少なく感じました。もう少し量を多くしてくれると、その分カレーを堪能できる余裕ができたかもしれません。

調べてみるとこの限定メニュー、京都だけではなく、全国のお店で提供されているみたいですね。なんでもスープは東京家政大学家政学部栄養学科の学生との共同企画だそうです。ラーメン店が大学の講座とコラボレーションするなんて、時代もかわりましたなぁ。

一日限定20杯とのこと。ラーメンファンだけでなく、カレー好きな人も一度食べて見られてはいかがでしょう?

地図 お店HP

【2006年6月3日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50620888
この記事へのトラックバック
京都ラーメン膝栗毛に紹介されていたので知ったこの一品。あの味噌ラーメンの名店がカレーラーメンを出していたとは…。 北海道発のラーメン店がカレーを用いて作るラーメン。これは食べねばと思いましたが、なにせ夏限定に加えて1日20食限定。昼間に行かなければと思....
すみれ(ラーメン小路)のカレーラーメン(下京区)【京都カレー三昧記】at 2006年06月21日 23:38
この記事へのコメント
まだ行っていないラーメン小路のすみれに、
カレーラーメンがあるとは!!!
全く知りませんでした。
これは行かねばなりません。早速行きますです。
Posted by 赤ちゃり at 2006年06月20日 02:25
赤ちゃりさまのブログも拝見しました。
流石カレー通だけあって、カレーに対する評価が違いますねぇ。面白いです。
Posted by at_you_see at 2006年06月26日 01:23
これは行ってみるべきですね。
「東京家政大学家政学部栄養学科の学生との共同企画」
と、言うのも面白いですね。
http://www.kyoto-ramen-koji.com/
Posted by PAPUA at 2006年07月02日 22:22
PAPUAさま

御大自らのコメント、恐れ入ります。(^^ゞ
お店の人から聞いたわけではないので、裏をとったわけではないのですが、信憑性の高い東京の方のブログにそう紹介されていましたので、間違いはないかと。
Posted by at_you_see at 2006年07月13日 02:17