2006年06月21日

ととち丸 冷たいラーメン

ととち丸 冷たいラーメン「ととち丸」、2006年夏の限定「冷たいラーメン」。

長雨が続く鬱陶しい梅雨の季節。そんな時期に産声をあげたのが「冷たいラーメン(780円)」。
名前は凡庸ですが、その内実は底知れぬ魅力に満ちた作品です。
まずベースのスープは和風出汁。聞くところによると、定番にある和風ラーメンの出汁をそのまま使用されているとのこと。温度が違うだけで、随分と印象が違うなぁと感心。温度が低いと普通塩辛さが前に出てきますが、それほどではありません。むしろほんのりと甘い。

麺がこれまた異彩を放つ中華麺と若布麺のブレンド。しかも平打ち。コシはあまり強いほうではありませんが、冷たい出汁に泳ぎ、一層の清涼感を演出しています。若布麺のほうをやや時間をかけて湯掻いておられたのが印象的。別々のテポで湯掻いたものを後で合わせます。麺の歯ごたえに差が生じない配慮なのでしょう。ちなみに余談ですが、この夏、若布の平打ち麺と聞いて麺屋さんがわかった方は、相当の事情通ですね。ご想像のとおり、数ヶ月前に麺屋さんがかわり、そちらの麺をお使いになるようになりました。

ととち丸 冷たいラーメン カレーつけだれ驚いたのは、つけだれ。しかも、これ「カレー」のつけだれなんです。
各所でカレーを使ったラーメンを食べることができる昨今、もはやラーメン店においてカレーは特別な存在ではありません。が、しかし。まさか冷やしラーメンのつけだれでカレーが用いられるとは、やはり驚きました。
当然カレーそのままでなく、出汁で割ってありますが、こちらも冷たく仕上がっており、それでいて粘着性もあって麺もよくタレを吸ってくれます。冷たいのでそれほど辛さは感じませんが、カレー特有の香辛料のスパイシーな風味が口の中に徐々に広がってきました。

和風の出汁だけだったら、ある種淡白に終始していたでしょう。こんな形でクリアされるとは、意表を衝いてきます。味噌ダレでも胡麻ダレでもありうるわけですが、ここで「カレー」ですからね。あくまでもお好みで、とのことなので、別につけなくてもよいです。が、味の変化を楽しみたい人がほとんどだと思います。いやぁ平打ち麺にカレーのつけだれですからね。感服します。

ととち丸 冷たいラーメン具材がこれまた凝っています。種類も豊富。海老の天ぷらに温泉卵、挽き肉と茄子の炒め物、ワカメ、人参、そしてメンマとネギ。海老の天ぷらは心持ち高めの温度の油で揚げられているみたいで、衣が固めで、出汁に浸かっても香ばしさが損なわない配慮がされています。挽き肉と茄子はとろみをつけて和えられており、ミンチ特有の甘味が良いアクセント。和風出汁に相性のよいワカメに彩りを飾る赤い人参。ちまたでは糸唐辛子なんかが流行っていますが、人参のほうが身近でシンプル。極細にカットされており、切り方次第で、お洒落にまとまります。人参もまた甘味をもった素材なので、醤油のとんがった風味の抑制に貢献していると感じました。卵も、他のラーメンに付け合わされる煮卵でなく、温泉卵で提供されるのも心憎い演出。黄身がとろけ過ぎない程度の熱の入り方は絶妙です。

それぞれがなんかしらのアイディアが投影されているトッピングです。しかも、それぞれが比較的身近な素材で作られています。びっくりするような希少な素材や高価な食材を使わずして、「面白いもの」を作ろうとした工夫が満載です。この辺りは大将も意識されているみたい。ちなみに、これだけ凝った具材がたくさんのります。普通のラーメンよりも、若干時間が必要とのこと(7〜8分)みたいですので、予めご了承ください。

素材を愛でる逸品ももちろんうれしいですが、シンプルなものだけど、調理の妙によって、新しいものを創り上げる。料理人としてセンスを感じますね。

ほんと楽しいお店です。

地図 

【2006年6月21日訪問】

P.S. 実は前日もととちってました。当初はこれも新メニューのやきそばを食べようと赴いたのですが、なんとその日が「冷たいラーメン」のデビューの日。しかし、デジカメ不携帯だったので、相当悩んだ挙句、翌日に携行の上、連日の訪問となりました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50626262
この記事へのコメント
どもです
 うぉ〜!食いてぇ!
 実は、今日ととちを訪れたのですが、ちょっと遅くって中休みになっていたんですよね・・・トホホ・・・
 またの機会にぜひ、この「冷たいラーメン」をいただきたいと思います!
 
Posted by Archy at 2006年06月24日 23:31
ぜひお試しください。

本文でも書きましたが、身近な素材でもここまでやれるんだっていう大将の心意気を感じることが出来ます。庶民派なところが、「ととち丸」の良いところだとつくづく実感します。
Posted by at_you_see at 2006年06月25日 02:53
どもです
 ようやく食べることが出来ました。
 うま〜!
 具の、海老天も、ナスとミンチの炒め煮も、それだけで単品料理として十分美味しいです。
 平打ち麺も、ちょうどよい茹で加減。
 そして、atさんのおっしゃるとおり、カレーのつけ汁が、味わいを大きく広げてくれますね。
 これだけ凝った一品が、わずか¥780で味わえるとは!
 いやぁ、たまりませんなぁ!
Posted by Archy at 2006年07月01日 22:18
>Archyさま
そう、これが「780円」。ビックリです。(@_@;)
Posted by at_you_see at 2006年07月13日 02:18
ワカメ麺、中金製のものでしょうか?
Posted by 石田 at 2006年07月23日 11:51
石田さま

ご指摘の通りです。
Posted by at_you_see at 2006年07月23日 17:06
ここのサイトはラーメン店めぐりの参考にさせていただいて
おります。昨日、冷たいラーメンを食べました。

http://inlineskier.nengu.jp/tototimaruhiyashi.pdf

開店前に店の外で撮影していましたら、後で店内で店主に
「住宅地なんだし、そういう撮影はやめてほしい」
と言われました。住宅地のお店、しかも自宅兼だから
とのことです(近所の目もあるし)

京都で好きなラーメンは「高倉二条」「しゃかりき」
です。
Posted by inski at 2006年08月21日 12:01
>http://inlineskier.nengu.jp/tototimaruhiyashi.pdf

サーバーの事情でエラーになるので
下にもUPしました

http://www.mywave.co.jp/~inski29/tototimaruhiyashi.pdf
Posted by inski at 2006年08月21日 13:03
inskiさま

ご高覧ありがとうございます。m(__)m
きれいにお作りになられましたね。
「ととち丸」さんにご進呈されてみてはいかがでしょうか?
(*^_^*)

「高倉二条」「しゃかりき」は僕も大好きなお店です。
Posted by at_you_see at 2006年08月22日 01:27
at_you_see さん
「ととち丸」外での撮影の非礼はもちろん店主に
注意されたときに、あやまりました。

>きれいにお作りになられましたね
ご主人はパソコンをしないとのことですね。
まああれはphotoshopの練習で作成したものなので
まだまだ納得できるものではありません。
進呈できるようなものではないですが
見てもらうだけならいいかも?

西宮に住んでいるのでなかなか京都方面にはいけませんが
(とかいいながら結構京都に行っています)
また「ととち丸」に行きたいです(あついラーメン)

話はかわりますが、「Parade」が非常に気になります。しゃかりきでは冷やしは4回食べましたがつけ麺(塩が気になる)はまだ食べていません。また近いうちに
京都 滋賀にいくかもしれません。

こういうお店を発見できるのもこのサイトのおかげです
ありがとうございます。


Posted by inski at 2006年08月22日 08:31
inskiさま

>こういうお店を発見できるのもこのサイトのおかげです
そう言っていただけると管理人冥利につきます。
ありがとうございます。O(≧∇≦)O

今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

Paradeさんは、当初営業が安定せず、その点において批判もあったお店です。営業時間を定め、それを守れないことは、言い訳が立つものではありません。
しかし、その作品そのものについては、極めて独創性が高く、他店との比較が出来ないという点において、とても興味深いお店です。気さくで若い店主も、一度話をすれば、応援したくなるような魅力をもっている方です。ぜひ、一度お試しください。

それから、しゃかりきさんの「つけそば」は必食といっても過言ではありません。出汁、麺、あらゆる面において極めて完成度の高い作品です。
Posted by at_you_see at 2006年08月23日 01:49