2006年06月24日

華祥 坦坦麺

華祥 坦坦麺百万遍の交差点を北へ少し行ったところ。知恩寺の参道から東大路通を挟んだ西側のビルの2階にそのお店はあります。
ブログでは初登場ながら、以前何度か訪問したことがあります。ラーメンは清湯のスープで、あっさりしたラーメンが好きという人には、この「華祥」さんを真っ先にお薦めしていました。

時流に流されない硬派なつくりに、ただ者ならぬ雰囲気を感じていたのですが、今回再訪したのは、とある方から、華祥の大将はかつて大きな中華料理店にて料理長を務めておられた、と伺ったのがきっかけです。なるほど、シンプルでありながら、どこか研ぎ澄まされたセンスを感じるその一杯は、プロ中のプロによる作品だったわけです。

またラーメンばかりでなく、その他のメニューも美味しいと薦められました。会話に出てきた「坦坦麺」が食べたくなって、久々の訪問となった次第です。

まず黒い肉味噌が特徴的。他のお店でいただける一般的なものよりも濃い色合いなのですが、思いの外ほろ甘く、でもぱらぱらとした質感は好印象。甘く仕上げると、どうしてもべちゃべちゃとした感じになりかねませんが、簡易な調味料に頼らずに、素材のもつ甘味をうまく引き出す方法を熟知した業です。派手ではないですが、実に巧みな調理。

鶏がらのスープは普通のラーメンとはうってかわって、粘度があります。香味油の影響でしょうか。ただ、もたれるようなしつこさはありません。一口食べたときの辛さはありますが、さっぱりとした後味のよい辛さで、後に残りません。茹でたてのチンゲン菜もシャキシャキしていて心地よい。

麺はかつて京都では珍しかったちぢれ麺。これはラーメンでも使われているものと同じだと思います。スープがよくひっかかってくれます。レンゲを使わずとも、スープが半分くらいは無くなるといえば、如何に麺とスープが相性良く絡んでいるかがご想像いただけると思います。

初夏の暑い日、まだ冷房が全開でない店内は窓が開けられており、やや高めの室温でしたが、甘味と辛味の渾然一体となった深みのあるスープを飲み干すのは、なんら難しいことではありません。それだけ魅力的なスープです。(飲み干した後は、やっぱり多量の発汗に見舞われることになるのですが...(^_^;) )

ラーメン以外のメニューも坦坦麺をはじめ、豊富です。となりのお客さんが食べられていた「黒胡麻冷麺」なんて面白そうなものもあります。

京大北辺は一乗寺にも勝るとも劣らない激戦区で、有名店目白押し。そんな中にあっても、個性的で上質なラーメンをいただけるお店として、もっと脚光を浴びてもおかしくないお店です。ただお店の場所がビルの2階という点が、外からわかりにくく、このお店の存在を知っている人しか、なかなか入りづらいでしょうね。かく言う僕も初めて訪れたときは場所がわからず、また見つけても入りにくかったことを覚えています。お店は夜12時くらいまで営業されていますので、近くを訪れる人には、一度試してもらいたいお店ですね。

地図 

【2006年6月24日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50628272
この記事へのコメント
どもです
 華祥は近所ですしお気に入りなので、何度も行っていますが、担担麺は食べたことがありませんでした。(辛いものが苦手なもので・・・)
 夏はいつも黒ゴマ冷麺、冬は鶏ネギそばと決まって(笑)いるのですが、atさんおすすめの担担麺も、一度食べてみますね。
Posted by Archy at 2006年06月25日 10:59
管理人さま、みなさま、こんにちは。
はじめて投稿します。よろしくお願いします。
ときどき拝見してました。管理人さんって、ラーメンとってもお詳しいですねー。
このお店、ずうっと前に1回行ったことがあります。
むかしはあんなふうな、あっさりしたスープが好みだったんですけど、最近はちょっと濃い目でないと物足りないかな?って感じですー。
Posted by Miki at 2006年06月26日 00:29
Archyさま
ぜひお試しください。たまには辛いのを食べて、新陳代謝を促進させませう。

mikiさま
ようこそです。いらっしゃいませ。(^o^)/
華祥さんは、上述のとおり「あっさり」のラーメンでは他の追随を許さないくらいのポテンシャルの高さがあり、「あっさり」したのが食べたいという人には、まずお薦めしていたお店です。

でも今回坦々麺を食べて、単に「あっさり」を売りにしてはるのでないなぁと実感しました。
これから暑い季節。黒胡麻の冷麺も食べに行こうと計画しています(^^♪

「ちょっと濃い目」のラーメン。どこのラーメンでしょう?(^^)
Posted by at_you_see at 2006年06月26日 03:49
どもです
 早速(←バカ)華祥さんの坦々麺をいただきました。
 一口目から「辛い!」ではなくて、食べているうちに汗が出てくる、味わい深い辛さですね。
 上にも書いたとおり、辛いものが苦手なので、食べているうちに私の顔が真っ赤になっていたのでしょう、ご主人が「エアコンを強くしましょうか?」と声をかけてくださりました。
 甘辛いミンチとゴマのコクで、スープも全部飲んでしまいました。
 いやあ、美味しいですね。
 食わず嫌いはやめて、坦々麺も食べるようにします。
Posted by Archy at 2006年06月27日 23:01
こんにちは。
さっそく取材に行ってくださり、at_you_seeさんありがとう!
私は実は「あんかけや焼そば」専門ですが、次回は坦々麺を注文してみます。
五千円也のフカヒレも気になるところですね。
Posted by そらこん at 2006年06月28日 10:00
>Archyさま
辛さの僕と感じ方が違いますね。興味深く拝見しました。

>そらこんさま
興味深いメニューがいっぱいあります。
この夏に何度か訪れたいですね。

ご推薦ありがとうございました。m(__)m
Posted by at_you_see at 2006年07月13日 01:50
遅ればせながら先日初めて華祥の存在を知り行ってきました。初日は鶏ねぎそばを食べました。かなりあっさりだけど、こくがあり合格。次はランチのあんかけ焼きそばをたべてこれもメチャうま!
三度目にして中華そばを食べて脱帽!
Posted by やすくん at 2007年02月16日 18:42
やすくんさま

ご来訪ありがとうございますヽ(^o^)丿
「華祥」さんはメニューも多く、僕もすべてを経験しているわけではありません。行きたいなぁ。「鶏ねぎそば」も、以前に食べたのって、もうかれこれ5、6年前くらいになるやも知れません。
Posted by at_you_see at 2007年02月19日 02:26