2006年06月26日

らーめん創房ぱこぱこ日本一 つけめん(味噌)

らーめん創房ぱこぱこ日本一 つけめん今日はさらにもう一軒。「らーめん創房ぱこぱこ日本一」さんを訪れました。
つけめんのつけだれは、「醤油」「塩」「味噌」の中から選べます。
「極上塩らーめん」が有名な同店。きっと「塩」のリクエストが多いんだろうなぁ。と、ここは裏をかいて「味噌」で注文してみました。

あれだけ素材に拘れているお店。きっと「味噌」も普通のものじゃないだろうなぁと期待が膨らみます。注文を受けた大将は、しずしずと裏手のほうへ。なにやら大きな樽を抱えて戻ってこられます。どうやらそこに寝かせた「味噌」が入っているらしい。

ちょっと質問してみると、ひとつひとつ覚えきれないくらい、いろんなものが入っています。「バナナ」と聞いた時には、耳を疑いましたが...。流石一筋縄では行きません(@_@;)

らーめん創房ぱこぱこ日本一 つけめん(具材)らーめん創房ぱこぱこ日本一 つけめん(つけだれ)普通のサイズで麺は200g。かなりのボリュームです。湯がいた後、水で締め、光沢を放つ平打ちの麺が美しい。
青々とした水菜も色を添えます。卵も白身はしっかり、黄身はほんのり半熟で適度な固さ。
もやしはちょっと多いかなぁ。シャキシャキ感はありますが、不必要な水気が麺にまみれてしまいます。
チャーシューもこれまた美味。写真では隠れていますが、かなりの大きさのものが3枚も入っているんです。もちもちとした麺と合わせながらいただくと、なんともいえない満足感。

味噌のつけだれは、一口目辛味を感じますが、すぐに口が慣れ、いろいろと含有した奥行きのある風味を感じます。まろやか。

うん、流石はぱこぱこさんでございます。


今日は、(我々にとっては)幸か(お店にとっては)不幸かお客さんが我々だけ。

らーめん創房ぱこぱこ日本一 素材食後、ちょっと大将とお話していたら、どんどん大将饒舌になり、こだわりの素材の数々を披露していただく機会に恵まれました。
「宗田節」「鯖節」「秋刀魚節」「ホタテ貝柱」「ウルメイワシ」「利尻昆布」「日高昆布」さらには夏限定の冷麺で使用される「バルサミコ酢」「香酢」や「魚醤」「モンゴル産岩塩」「ヒマラヤ紅塩」...全部覚え切れません...(x_x;)

いやぁ、まるで食材の博物館のようです。

地図 

【2006年6月26日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50630521
この記事へのトラックバック
あぁホント誰かご飯奢って・・・
緊急事態だよ!!お腹空いて死にそう【ミキ】at 2006年06月28日 05:39
この記事へのコメント
本当にいろんな素材を試してられますね。原価率が恐ろしい状態に。でも美味しいラーメンを作りたい、どこにもないラーメンを食べてもらいたいという大将の心意気を感じられた夜でした。また、近いうちにバルサミコ酢・香酢の冷麺も食べに行かないとね(^_^.)
Posted by yuniR at 2006年06月28日 19:02
どもです。
 ぱこぱこさんは、ガツンとくるのではなく、ジワリとくる美味しさですね。
 今回は極上塩ラーメンをいただいたのですが、最初は「ちょっと塩分が濃い目かな?」と思ったスープが、最後には美味しくって、ほとんど飲み干してしまいたいくらいになってしまいました。
 口の中に色々な旨みが、しかもけんかせずに広がるという感じでしょうか?
 バルサミコ酢・香酢の冷麺は、私も気になるところです。
 楽しみだなぁ!
Posted by Archy at 2006年06月30日 09:30
>yuniRさま
極上の冷麺、かなり楽しみです。(^^♪

>Archyさま
そう「ジワリ」という表現が言い得て妙。
わかりやすい派手さはないですが、実に奥ゆかしい美味しさです。
Posted by at_you_see at 2006年07月13日 01:53