2006年07月04日

一心彩 一心彩ラーメン

一心彩 一心彩ラーメン一乗寺にはこんなお店もあります。なんでも独創的な味噌ラーメンが食べられるとか。
メニューには普通のラーメンもありますが、屋号を冠した「一心彩ラーメン」(700円)を注文しました。オーダーが「野菜ラーメン一丁」と通ります。なるほど、野菜いっぱいのラーメンなんですね。

出てきた器にびっくり。野菜が山盛りです。その上にチャーシューならぬ、「ローストビーフ」が盛り付けられています。写真ではその鮮やかな色が映えております。なんでも洋食のシェフだった大将(マスター?)ならではの本領発揮的なトッピングなんでしょう。
実際のところ、ラーメンのスープ、具材とのコンビネーションを考えると、脂分を味わえる豚肉のほうが合っているかも知れません。が、そこはお店の個性。脂身の少ない上質の牛肉をじっくりとオーブンで焼き、薄くスライスされるもしっかりとした肉質のローストビーフに舌鼓を打つのも、また一興です。

さてキャベツ、にんじん、もやし、白菜、玉葱と盛りだくさんの野菜ですが、胡麻油で炒められ、ほんのりと火が通った様はなかなかの美味。あまりにも量が多くて、麺になかなか辿り着けず、やきもきするところもなきにしもあらずですが、日頃野菜不足を実感しているものとしては、嬉しい量です。まるでラーメンと野菜炒めを食べているかのよう。食べ応えがあります。

スープは味噌味。しかも普通に想像できる代物ではありません。3種類の味噌がブレンドされているとかで、白味噌の甘さもあり、赤味噌のとんがった風味もあり、なかなか他では味わえない複雑な味わいです。

具材には他に、煮卵、メンマ。お店のメニューでは普通の白いゆで卵のようにお見受けしましたが、出てきたものはやや味が滲みた煮卵。メンマは不揃いな大きさが自家製を彷彿とさせますが、やや甘味の強い味付けで、意外に出来合いのものを手で千切っているかもしれませんが、詳細は不明。すり胡麻も塗されますが、味噌との相性も良く、香ばしい香りが食欲をそそります。

なかなか個性的な一杯をいただくことができました。(^^♪


それにしても奥さん(?)の接客がすごい。丁寧です。まるでどこかの料亭の女将のように深々と頭を下げられて、ラーメン食べに来ただけなのに、こっちが恐縮してしまいますよ。(^^ゞ

地図 

【2006年7月4日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50644155
この記事へのコメント
今日、千北・旭丘中学前の「たんぽぽ」に行ってきました。

家内の病院へ顔を出し、今日は晩御飯は1人だし、途中で見た「みつくら」は休みだったし、ちょっと足を伸ばして、噂の「たんぽぽ」へ初喰です。

うーん。旨い部類に入るけど評価はいまいちです。
Posted by VULCAN at 2006年07月16日 22:30
「たんぽぽ」さん。北区では老舗のお店ですが、老舗ゆえの紆余曲折がございます。今はもう、あのヒゲの大将はおられません...。

ところで、「京都カレー三昧記」さんへご紹介ありがとうございました。折を見て紹介しようと思っていたんですが、思いもよらずネットを介して早々に交流されたみたいで...(^^ゞ
Posted by at_you_see at 2006年07月18日 03:55
どもです。
 たんぽぽが開店したのは、もう10年以上前ですね。「味にちょっと自身あり」という看板につられて入り、美味しさに驚きました。
 大量のパプリカで真っ赤な、しかし辛くはないラーメンでしたね。
 ご主人が体調を崩され・・・
 後を継がれた奥さんとお若い2代目の方が頑張ってはいらっしゃるのですが、やはり大将の味にはなかなかたどり着けませんね。
Posted by Archy at 2006年07月19日 01:32